地域の魅力・顔づくりプロジェクト近鉄長野線・滝谷不動駅前(滝谷不動尊、東高野街道を活かした魅力づくり)

更新日:平成21年11月6日

NEW 地域のシンボル「高橋」に小学生の絵画を設置しました

担当

富田林土木事務所 地域支援課 

駅の概要

近鉄長野線の駅で、日本三大不動尊の滝谷不動尊の玄関口である。
1日の利用客は7300人程である。

駅周辺の状況

●日本三大不動「滝谷不動尊」の玄関口として繁栄していたが、近年、「不動尊まいり」の人口の減少や、地域住民の高齢化もあり商店街の空洞化など地域の活力が衰退しつつある。
●毎月28日には「不動尊まいり」にあわせて、駅前の府道森屋狭山線を通行止し、歩行者優先道路として開放。多くの人々で賑わう。
●大谷大学が近隣にあり、その通学路になっているが、学生の商店立ち寄りや地域との関わり少なく、地域の活力向上には繋がっていない。

プロジェクトの概要

「錦織地区及び駅前周辺まちづくり協議会(一部の地元住民、商店街で構成)」が主体となり、花いっぱい運動やアドプトなどの活動を実施。これらの活動を通じ、地域の輪を広げ、まちづくり気運の向上を図りながら、府道における歩行者空間創出など新たな魅力づくりを目指します。

現在の主な
活動団体

【活動主体】
「錦織地区及び駅前周辺まちづくり協議会(一部の地元住民、商店街で構成)」
(富田林市商工観光課、大谷大学、大阪芸術大学などが協議会と連携し活動中)

これまでの
実施状況

・平成17年 「錦織地区及び駅前周辺まちづくり協議会」 アドプトロード団体に認定
・平成17年より 駅周辺の花いっぱい運動を実施
・平成18年3月 コミュニティレンタサイクルが営業開始
・平成19年1月「東高野街道道しるべ」設置
・平成19年1月・・・「金剛すだれによる修景づくり」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(花いっぱい運動)

花いっぱい運動1

花いっぱい運動2

レンタサイクル2

 

コミュニティレンタサイクル

レンタサイクル1

現在のプロジェクトの範囲図

活動範囲図



このページの作成所属
都市整備部 富田林土木事務所 地域支援・防災グループ

ここまで本文です。