地域の魅力・顔づくりプロジェクト 近鉄南大阪線・高鷲駅前(みんなで育てる高鷲駅前・花で彩る高鷲駅前)

更新日:平成22年3月18日

 NEW  高鷲駅前「ロードギャラリー」 

担当

富田林土木事務所 地域支援課 

駅の概要

大阪の南の玄関口阿部野橋と奈良吉野方面を結ぶ近鉄南大阪線の駅で、普通列車のみが停車する。
1日の利用客は7000人程である。

駅周辺の
状況

平成3年度からこれまでの間、近鉄駅舎の改築工事、駅北側の駅前広場の整備、駅南側の市プロムナード事業、府道島泉伊賀線の拡幅や踏切拡幅事業など重点的に駅前の整備を進めてきた結果、安全で快適な駅前空間が創出が図られている。

プロジェクト     の概要

「平成3年度からこれまでの間、近鉄駅舎の改築工事、駅北側の駅前広場の整備、駅南側の市プロムナード事業、府道島泉伊賀線の拡幅や踏切拡幅事業など重点的に駅前の整備を進めてきた。このような中、これまでのハード整備をより活かせるようにと、駅周辺の地元、商店街、小学校が中心となり羽曳野市、大阪府富田林土木事務所と連携して、新たな魅力づくりを進めています。
    
 
活動スローガン⇒「みんなで育てよう高鷲駅前」
 活動コンセプト⇒「花と緑あふれる駅前魅力づくり

現在の主な
活動団体

高鷲駅前を育む会(平成19年1月設立)

【構成メンバー】
北宮中部町会、高鷲中央商店会、羽曳野市立高鷲小学校、
羽曳野市立高鷲南小学校、羽曳野市立高鷲中学校、
羽曳野市立高鷲南中学校、近畿日本鉄道株式会社、
近畿ニッポンレンタカー(株)、羽曳野市緑の少年団、
羽曳野市、大阪府富田林土木事務所

これまでの
実施状況

●平成19年1月 「高鷲駅前を育む会」設立
●平成19年3月 「高鷲駅前を育む会」アドプトロード団体に認定
最初の駅前広場および駅前道路での植栽活動
●年2回(7月・1月頃) 駅前広場および駅前道路での植栽活動

 

(花いっぱい運動)

活動写真1  活動写真2

高鷲駅前写真


 

現在のプロジェクトの範囲図

活動範囲図



このページの作成所属
都市整備部 富田林土木事務所 地域支援・防災グループ

ここまで本文です。