大阪府の国家戦略特区提案

更新日:平成27年12月25日

平成27年6月5日付けで大阪市と大阪府が共同提案を行いました!

○提案:国際コンテナ戦略港湾にかかる特区制度活用
○提案内容
 ・「特定港湾運営会社」が行うガントリークレーンなどの施設整備に対する無利子貸付制度について、国から直接資金を貸し付けられる制度変更により、港湾管理者の財政状況に影響されず、国際競争力強化に必要な整備を進める。
 ・国が出資した「特定港湾運営会社」への貸付について、国無利子貸付分(現状では最大40%)について、最大70%(直轄事業の補助率は70%)まで拡充することにより、確実な資金調達のしくみを構築し、物流インフラ強化を図る。
○主な規制緩和:港湾法、港湾法施行令

平成26年8月29日付けで提案を行いました!

内閣府が行っている「国家戦略特別区域における産業の国際競争力の強化及び国際的な経済活動の拠点の形成の推進に関し政府が講ずべき新たな措置に係る提案募集」に対し、大阪府は、現在取組を進めている「健康・医療分野における国際的イノベーション拠点」及び「チャレンジングな人材の集まるビジネス環境を整えた国際都市」の形成に向けて、より波及効果が見込まれる規制緩和・制度創設として20件の提案を行いました。

・提案項目一覧 [PDFファイル/430KB]

・提案概要     [PDFファイル/1.07MB]

平成25年9月11日付けで提案を行いました!

政府では、日本経済の再生に向けた第三の矢である日本再興戦略の要として、国家戦略としてふさわしいプロジェクトを推進することにより、「民間投資の喚起により日本経済を停滞から再生へ」導くことを目的として、その実現に大きく貢献するプロジェクトを組成するための具体的なアイディアを募集され、大阪府は大阪市と共同で、内閣府に対し、医療イノベーション、世界と戦える都市などをテーマとした提案を行いました。

岩盤規制に風穴を開け、民によるイノベーションを創出「世界最高水準の民の都」が日本をけん引!(外部サイト)


このページの作成所属
政策企画部 戦略事業室特区推進課 特区推進グループ

ここまで本文です。