情報通信科

更新日:令和3年1月26日

1年間の目標

通信技術・情報処理技術およびネットワーク技術などを幅広く学びます。具体的には企業ネットワークシステムの設計・構築並びに運用・管理などに対応できる人材の養成を目指します。

授業について

仕上がり像

  • インターネットの仕組み(TCP/IPなど)を理解している。
  • 通信インフラをシステムとして理解している。
  • ネットワーク設備の保守運用管理をすることができる。
  • 電気、電子、通信、情報分野の基礎知識を理解している。

授業内容

1年間のおおまかな流れ

情報通信科スケジュール          

主な学科

  • 電気通信システム
    電気回路、電子回路、デジタル回路、情報工学、電気計測、伝送理論、アナログ伝送、
    デジタル伝送、トラヒック理論、電気通信網の概要、電気通信システムの基本構成など

  • データ通信
    ハードウェア技術、ソフトウェア技術、データ交換設備、データ伝送設備など

  • 伝送交換設備及び設備管理
    伝送設備・交換設備・無線設備・データ通信設備・通信電力設備の維持及び運用
    セキュリティ管理、セキュリティ対策など

  • 法規
    電気通信事業法の体系、電気通信技術者制度、事業用電気通信設備の技術基準管理規定、
    有線電気通信法、電波法、国際電気通信条約、不正アクセス禁止法など

主な実技

  • コンピュータ操作実習
    オペレーティングシステム操作(WindowsLinux)、マークアップ言語、スクリプト言語など

  • ネットワーク環境設定実習
    モジュラプラグの取付、ケーブルテスターの取扱、スイッチングハブの環境設定(VLANの構築など)
    ルータの環境設定(OSPFなどのルーティングプロトコル)など
    情報通信科画像

  • データ通信システム設計
    サーバ構築(Web、FTP、DNSなど)、セキュリティ管理(ファイアウォールの構築設定など)、
    障害管理(トラヒック量の監視、ログ解析、ネットワークアナライザによる解析など)など

取得可能な資格

  • 工事担任者
  • 基本情報技術者試験
  • 第一級陸上特殊無線技士
  • 第二種電気工事士
  • CCNAなどのIT系ベンダー資格

 使用機器

  • 個人
    クライアント用など
    ノートパソコン
     
  • グループ
    スイッチングハブ、ルータなど
    画像です。通信実習機器
  • クラス
    レイヤ3スイッチ、Webサーバ、DNSサーバなど
      サーバ

就職について

可能な職種

  • 通信インフラ保守管理技術者
  • ネットワーク技術者(構築、保守、管理等)
  • サーバ技術者(構築、保守、管理等)
  • 通信工事技術者

主な就職先

  西部電気工業株式会社、株式会社KDDIエボルバ、株式会社ソフトウェアサービス、
  
ヴァイタルインフォメーション株式会社、明成通信株式会社、日新電設株式会社等

就職率

 
  平成29年度生 100%
  平成30年度生 100%
  令和元年度生  100%

科目で必要な費用

  • 教科書代など  概ね22,000円
  • 資格受験料   概ね72,000円

授業風景等

サーバと無停電電源装置画像です。通信実習機器 画像です。通信実習機器


 南大阪校トップページに戻る

このページの作成所属
商工労働部 南大阪高等職業技術専門校 訓練課

ここまで本文です。