金属加工科(旧:ものづくり基盤技術科)

更新日:平成29年12月19日

ものづくり基盤技術科

金属加工科は、
製造現場において必要とされる『切削(削る)』、『溶接』、『板金(曲げ・切断)』などの
幅広い知識と技能を有する『多能工』を育成します。

訓練紹介

矢印 訓練の概要
矢印 仕上がり像
矢印 総訓練時間
矢印 訓練の内容
矢印 訓練に関する職種と仕事内容
矢印 訓練により就職可能な仕事
矢印 受講生の入校前の職種と修了後に就職した職種の例
矢印 任意に取得可能な資格
矢印 就職率
矢印 修了生の主な就職先
矢印 授業風景

訓練の概要

金属を加工した製品は、普段の生活、機械・電気器具、建築で使用するもの等、非常に幅が広く、これらの加工技術は日本の産業を
支えてきた基盤技術です。
当科では、金属製品を製造する現場で活躍する人材を育成するため、幅広い知識と技能を習得していただきます。
1学期は基礎知識や理論を学ぶ学科と基本実習、2学期以降は実践的な加工技術を学ぶ実習を中心に訓練を実施します。

仕上がり像

  • 図面を見て、形状、寸法、寸法公差、幾何公差、表面粗さ等を理解できる
  • 旋盤・フライス盤・ボール盤等による、基本的な切削加工ができる
  • 被覆アーク・TIG・炭酸ガス、酸素・アセチレンガス等による、基本的な溶接作業ができる
  • マシニングセンタやレーザ加工機による、加工プログラムの作成及び機械の運転ができる

工具のイラスト

一年間の訓練

画像です。一年間の訓練

総訓練時間

  • 1168.5時間

訓練の内容

目指す仕事の将来像

 当科を修了した方は、金属を加工して製品を製造・販売する工場に就職します。
 金属を加工する方法には、大きくわけて『精密に削る』、『溶接する』、『曲げる・切断する』というものがあります。これらのいずれかを専門に行うところもありますが、複合して行うところも数多くあるので、生徒の皆さんが希望する企業に就職していただきます。
 基礎となる技能を、幅広く、しっかりと身につけていただくので、多くの企業から求人をいただいています。また、女性を積極的に採用している企業も数多くあります。

当科での訓練 

<図面の読図>

CAD課題 CAD作業
学科やCAD実習を通して、図面に関する規格等を学びます。

<機械加工>

ボール盤加工 仕上げ作業
ボール盤作業や、やすりによる仕上げ作業は、ものづくりの現場では必須です。

旋盤作業 旋盤課題
旋盤作業では、円筒状の製品を精密に削る方法を学びます。

フライス盤作業 フライス盤課題
 フライス盤作業では、角状の製品を精密に削る方法を学びます。
 旋盤作業やフライス盤作業は、精密加工の基本中の基本です。これらの実習をとおして切削加工の基礎を学びます。
 理論的な考え方と経験が必要です。使用する測定器の精度は0.01mmです。

<溶接>

アーク溶接アーク溶接作品TIG溶接
溶接

 被覆アーク溶接(手溶接)、TIG溶接(アルゴン溶接)、炭酸ガス溶接(半自動溶接)、酸素・アセチレンによるガス溶接について技能を習得します(希望者は溶接技能者評価試験にチャレンジし合格しています)。

 理論はもちろん必要ですが、作業者の技能が特に要求される作業のひとつです。

引張と曲げ試験 引張試験

 溶接した製品は構造物に使用される場合もあるので、試験を行って安全性を確認します。

<板金加工>

曲げ作業 レーザ&板金作品

 展開図を考えて、鋼板をレーザ加工機で切断し、プレスブレーキ(曲げ加工専用のプレス)で曲げて製品を造ります。

 板厚や材質によって曲がり具合がちがうので、理論と経験が必要です。

<NC加工>

NCプログラム作品 NC作業

製造現場で広く普及しているマシニングセンタでNCプログラミングと切削加工技術を学びます。

レーザ加工プロ作成 レーザ作業 レーザ加工

レーザ加工機は、主に板金や溶接作業を行う企業で利用されています。

CAD/CAMシステムを使って、加工技術を学びます。

レーザ加工作品1 レーザ加工作品2 レーザ加工作品3

レーザ加工機による作品です。アイデアを出し合って課題に取り組みます。

<複合課題>

三本ロール 複合作品

 切削、溶接、板金等を複合的に組み合わせて作製した作品です。

 左の写真は、鋼板をカールさせる三本ロールという工作機械です。

 右の写真は、旋盤作業で使用する工具を自作したものです。加工する際に必要な治具も自作します。

<実習場>

実習場1 溶接ブース
広くてきれいな実習場です。空調も完備しています。
 

訓練に関する職種と仕事内容

職種名

機械加工分野

  • 金型加工
  • マシニングセンタオペレータ
  • NC旋盤オペレータ
  • 機械組立工

金属加工分野

  • 工場板金工
  • アーク溶接工
  • 金属プレス工
  • レーザ加工機オペレータ

仕事内容

様々な材質の金属を削ることにより、様々な形状の製品を加工する機械加工の分野と、切断、曲げ、溶接等の加工を施すことにより製品を製造する金属加工の仕事があります。

加工の現場では、多品種少量生産に対応するため、例えば旋盤やフライス盤のように、作業員がハンドルを操作して加工するような手法は少なくなり、
コンピュータ制御のNC工作機械による加工が一般的になっています。
機械加工の分野ではマシニングセンタやNC旋盤、金属加工の分野ではレーザ加工機が導入されている現場が数多くあります。

NC工作機械による加工では、座標やアルファベット、記号等を用いて加工プログラムを作成して運転します。
加工プログラムはCAD/CAMシステムを用いて自動作成するのが一般的ですが、加工の順番や加工条件の設定、ジグの作製等を行う必要があります。

訓練に就職可能な仕事

機械加工分野

  • 汎用工作機械(旋盤・フライス盤)を用いた機械加工
  • NC加工機(マシニングセンタやNC旋盤)を使用した加工
  • NC加工データの作成業務

金属加工分野

  • 汎用工作機械(シャー・プレスブレーキ・機械プレス)を用いた金属加工
  • 工場板金製品や建築鉄骨等のアーク溶接
  • NC加工機(レーザ加工機)を使用した加工

受講生の入校前の職種と修了後に就職した職種の例

(前職)
学生
サービス業・学生

(修了後)
→ 樹脂・金属部品の加工
→ マシニングのオペレータ

任意に取得可能な資格

  • 自由研削といしの取替えに取替え又は取替え時の試運転の業務に係る特別教育
  • アーク溶接等の業務に係る特別教育
  • ガス溶接技能講習
  • 技能士補(機械加工職種)

就職率

   100%(平成26年度修了生実績)

修了生の主な就職先

就職先企業名場所事業内容

吉泉産業株式会社
植田工業株式会社(八尾工場)
長谷川精機株式会社
入谷電機工業株式会社

枚方市
八尾市
枚方市
枚方市

食品加工機械の設計・製作 (機械加工、板金加工)
自転車部品、自動車部品の製作等
金属・ゴムの精密切削、組立、設計、工法開発
レーザー加工、板金、製缶加工

授業風景・生徒作品

授業風景1 生徒作品1 生徒作品2
 

このページの作成所属
商工労働部 北大阪高等職業技術専門校 訓練課

ここまで本文です。