第3回津田サイエンスヒルズ コマ競技大会を実施しました

更新日:平成28年9月20日

9月13日(火曜日)に北大阪校多目的室にてコマ競技大会を実施しました。

多目的室前にあるコマ競技大会看板

多目的室前の様子



本校からは校内予選会を勝ち抜いた、ものづくり加工技術科3チームと産業ロボットシステム科1チームが出場しました。
また、津田サイエンスヒルズ内の企業から3社、計8チームが出場し、合計12チームによる熱戦が繰り広げられました。

大会に参加する選手の紹介

出場選手紹介



選手紹介のあと、予選リーグが行われました。
4つのグループに分かれ、3チームの総当たり戦を行います。

予選リーグ表

予選リーグ対戦表 1位のチームが決勝へ


各グループの1位が決勝トーナメントに進出することができます。

予選リーグ戦いの様子@

予選リーグ戦いの様子A

はっけよーい

のこった!


各チームが、それぞれ工夫を凝らして作ったコマ達の戦いに
会場からは歓声と驚きの声が飛び交っていました。

予選リーグの様子B色々なコマが戦っています

予選リーグの様子C多くのギャラリーが戦いを見守る

色々なコマの競演

コマに熱い視線を送る大勢の観客


高さ6cm、幅2cmの規定範囲内で、各チームごとに工夫されたコマ達が戦いを繰り広げました。
重心を低くし、比重を重くしたコマや、モータを使用した電動コマ、回すと同時に羽根を広げて、相手をはじき飛ばすコマなどがありました。


その後、予選を勝ち上がった4チームによる決勝トーナメントが行われました。
決勝トーナメントは、先に2連勝した方が勝ちとなります。

決勝戦の様子

前面に映されたスクリーンに戦いの様子が映し出されています

決勝戦の様子

前方のスクリーンに対戦の様子が映し出されています


指導員による解説を交えながら

決勝戦の様子A

指導員による解説を交えながら

左のコマが優勝しました



今大会では、株式会社アスクが表彰台を独占しました。優勝したコマは、回転すると羽根が広がり、相手をはじきとばす強烈なコマでした。
昨年度大会では本校生徒が表彰台を独占したので、1年越しのリベンジを果たされる結果となりました。


勝ち負けだけでなく、互いのコマを称え訓練校や企業との交流を深めることができる良い大会になりました。

このページの作成所属
商工労働部 北大阪高等職業技術専門校 訓練課

ここまで本文です。