サワラ

更新日:平成26年3月26日

学名:Scomberomorus niphonius

スズキ目サバ科


サワラのイラスト
刺網

大阪湾で漁獲される最も大きな魚のひとつで、大きなものでは1mを超えるものもあります。サワラは内外交流種といって、内海と外海を行き来する魚種で、4から6月には産卵のため、太平洋から紀伊水道、大阪湾を通って播磨灘に、9から12月には越冬のために、播磨灘から大阪湾、紀伊水道を通って太平洋へ移動します。このため、サワラの通り道である大阪湾での漁期は春と秋の2回あります。サワラは大阪湾では主に流し網で漁獲されます。

サワラは刺身、みそ漬け、塩焼き等にして食され、上品な味の魚です。大阪府では瀬戸内海の資源回復計画の一環として、平成15年度からサワラの種苗生産・放流事業を行っています。

このページの作成所属
環境農林水産部 水産課 企画・豊かな海づくり推進グループ

ここまで本文です。