ガザミ

更新日:平成26年3月26日

学名:Portunus trituberculatus

十脚目ワタリガニ科


ガザミのイラスト
石げた網刺網

ガザミは、遊泳力が強く、ときには生活場所を大きく移動することがあるため「ワタリガニ」とも呼ばれています。

主な生息水域は、水深5mから20mの砂泥域であり、エビ類や小魚を餌としています。毎年秋に交尾し、翌年の春から夏にかけて産卵します。卵からふ化後1ヶ月間は浮遊生活をし、その後稚ガニとなって着底生活に移ります。

その美味なことで食通に人気があり、だんじりで有名な岸和田祭りには欠かせない食べ物となっています。

このページの作成所属
環境農林水産部 水産課 企画・豊かな海づくり推進グループ

ここまで本文です。