大阪湾産魚介類の放射性物質検査結果について

更新日:平成26年11月7日

 大阪府では、このたび、大阪湾産魚介類の放射性物質の検査を行いましたが、放射性セシウムは検出されず、安全が確認されています。

調査結果
      魚   種   放射性セシウム

 イワシシラス(北部海域産)

       検出せず
 イワシシラス(南部海域産)       検出せず
 丸アジ(北部海域産)       検出せず
 丸アジ(南部海域産)       検出せず
 マダコ(北部海域産)       検出せず
 マダコ(南部海域産)       検出せず
 ウシノシタ(北部海域産)       検出せず
 ウシノシタ(南部海域産)       検出せず

○採取日:平成26年9月30日

○検出下限値:セシウム134、セシウム137ともに5.0ベクレル/kg

過去の検査結果へ

このページの作成所属
環境農林水産部 水産課 企画・豊かな海づくり推進グループ

ここまで本文です。