アルコール消毒製品及び衛生マスクの転売規制について

更新日:令和2年5月27日

アルコール消毒製品及び衛生マスクの転売規制について

  令和2年5月22日、「国民生活安定緊急措置法施行令の一部を改正する政令」が厚生労働省、経済産業省、国税庁及び消費者庁の共同請議により閣議決定され、5月26日以降、アルコール消毒製品の転売行為は禁止されています。
  なお、衛生マスクの転売行為も、令和2年3月10日、「国民生活安定緊急措置法施行令の一部を改正する政令」が厚生労働省、経済産業省及び消費者庁の共同請議により閣議決定され、3月15日以降禁止されています。
  
  これは、事業者のみならず個人も対象であり、購入価格を超える価格でインターネット出品や露店等でアルコール消毒製品又は衛生マスクの転売を行った場合、1年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金、又はその双方が科される場合があります。

 例えば、
・「一般消費者向けに商品を販売するドラッグストア、スーパーマーケット、ECサイトなどから購入した製品」を
・「仕入れ価格を超える価格」で
・「インターネットや店舗などを通じて不特定又は多数の者に対して転売する行為」
が禁止の対象となります。


アルコール消毒製品 転売規制チェックシート(画像をクリックしてご確認いただけます。)
転売規制チェックシート [PDFファイル/529KB]

関連リンク
消費者庁ホームページ「アルコール消毒製品及びマスク転売規制について」(外部サイトを別ウインドウで開きます)
国民生活安定緊急措置法による転売規制についてのQ&A(外部サイト) 
消費者庁ホームページ「5月22日閣議後大臣会見における衛藤内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全)発言」(外部サイトを別ウインドウで開きます)
消費者庁ホームページ「3月10日閣議後大臣会見における衛藤内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全)発言」(外部サイトを別ウインドウで開きます) 

このページの作成所属
府民文化部 消費生活センター 事業グループ

ここまで本文です。