大阪府消費生活センターなどの公的機関をかたる詐欺が急増しています。不審な電話にご注意ください!

更新日:平成27年12月17日

平成27年3月25日

大阪府消費生活センターなどの公的機関をかたる詐欺が急増しています。
不審な電話にご注意ください!

 

 大阪府消費生活センターなどの公的な機関をかたり、「過去に投資詐欺の被害に遭った人に電話をしている。あなたの個人情報がもれているので削除してあげる」などと持ちかけ、最終的にはお金をだまし取る手口が急増しています。
 個人情報の削除をもちかける電話は詐欺です。
 
最近では、実在する消費生活相談員の名前をかたり、「マイナンバーがもれているので削除してあげる」などという手口も見られるようになっています。
 相手にせず、すぐに電話を切ってください。
 
 また、公的な機関と紛らわしい名をかたり、年金受給額、家族構成、取引銀行等を聞き出そうとする手口も増えています。悪用される可能性がありますので相手にせず、すぐに電話を切ってください。

  大阪府消費生活センターなどの公的な機関が、個人宅に電話をして個人情報を尋ねることはありません。また、個人情報を削除するという電話をかけることもありません。 

 公的な機関を装った詐欺行為と思われます。ご注意ください。

  

参考リンク

振り込め詐欺に気をつけて!【大阪府警察】(外部サイト)

だまされたらあきまへんで!(西川きよしさん、ヘレンさん)【大阪府警察】 (外部サイト)

「個人情報を削除してあげる」公的機関をかたる詐欺が急増【国民生活センター】(外部サイト)

マイナンバー制度に便乗した不審な電話等にご注意ください!【国民生活センター】(外部サイト)

消費者ホットライン

    消費者ホットライン 188番 (いやや!) 
   お住まいの市町村等の消費生活相談窓口をご案内します。
   ※平成27年7月から3桁での運用を開始しましたが、これまでの 0570−064−370 も引き続きご利用いただけます。      

    大阪府消費生活センター  06−6616−0888(ゼロ・ハチ・ハチ・ハチ)(消費生活相談)
   
 消費生活に関する電子メール相談はこちらです。

     当センターへのご相談に当たって、電話番号のかけ間違いが増えています。電話番号のかけ間違えは、たいへんご迷惑となります。
     お電話をおかけの際は、番号をよく確認の上、くれぐれも間違いのないようご注意をお願いします。


   

このページの作成所属
府民文化部 消費生活センター 事業グループ

ここまで本文です。