特定商取引法(特定商取引に関する法律)

更新日:平成27年6月11日

特定商取引法(特定商取引に関する法律)


 
  「特定商取引法」とは、訪問販売など消費者トラブルを生じやすい特定の取引形態を対象に、トラブル防止のルールを定め、事業者による不正な勧誘行為などを取り締まることにより、消費者取引の公正を確保するための法律です。

特定商取引法による規制の概要

取引形態

書面交付義務クーリング・オフ取消権
(注1)

その他

訪問販売 
店舗以外の場所で行う商品やサービスの契約
(SF商法、キャッチセールス、アポイントメントセールスなどを含む)

あり8日間    あり        

再勧誘の禁止(注2)
過量販売解除権あり(注3)

訪問購入 
店舗以外の場所で行う売買契約で、売主が消費者、買主が事業者の取引
(除外品あり)

あり8日間なし

再勧誘の禁止(注2)
不招請勧誘の禁止(注4)
クーリング・オフ期間中の引渡拒否(注5)

通信販売 
郵便、電話、インターネットなど通信手段により行う商品やサービスの契約 

(注6)なしなし

返品に関するルールあり(注7)

電話勧誘販売 
事業者から自宅や職場に電話がかかり勧誘を受けた商品やサービスの契約

あり20日間あり

再勧誘の禁止(注2)

連鎖販売取引(マルチ商法) 
個人を販売員として勧誘し、さらに次の販売員を勧誘させる形で販売組織を連鎖的に拡大して行う商品やサービスの取引

あり20日間
あり

中途解除権あり(注8)

特定継続的役務提供
身体の美化・知識の向上などを目的として、継続的にサービスを提供する取引
(エステティックサービス・語学教室・パソコン教室・学習塾・家庭教師・結婚相手紹介サービス) 

あり

8日間

中途解除権あり(注9)

業務提供誘引販売取引
(内職・サイドビジネス商法)
 仕事を提供するので収入を得られると勧誘し、そのために必要だからと商品やサービスを契約させる取引

あり

20日

ネガティブ・オプション
(送りつけ商法)
商品を一方的に送りつけ、消費者が勘違いして代金を支払うことを狙った商法  

商品到着後14日間(販売業者に引き取りを請求後7日間)が経過すると自由に処分できる


注1:取消権
事業者による嘘の説明や、商品の性能など重要な事実を故意に告げない勧誘は違法(罰則あり)です。このような勧誘で消費者が誤って契約をした場合は、契約を取り消すことができます。また、クレジット契約の場合は、クレジットの支払いも拒絶できます。

注2:再勧誘の禁止
「契約しない旨の意思」を示した消費者に対して、訪問販売等の事業者が再度契約の勧誘を行うことを禁止しています。

注3:過量販売解除権
訪問販売で、通常必要とされる量を著しく超える商品などを購入契約した場合、契約後1年間は契約を解除できます。

注4:不招請勧誘の禁止
呼んでいない、あるいは査定のためだけに呼んだ業者が、査定を依頼した物品やそれ以外の物品の買い取りを勧誘することを禁止しています。

注5:クーリング・オフ期間中の物品の引渡拒否
訪問購入において、8日間のクーリング・オフ期間中は物品の引き渡しを拒否できます。また、事業者は買い取った物品を第三者に引き渡した場合は、その情報を買い取った相手方に通知しなければいけません。

注6:前払式通販の場合は承諾通知義務あり
信頼できるサイトを選ぶには・・・マークが目安!

オンラインマーク
このマークはインターネット通販の促進と消費者保護のためにつくられたもので、申請のあった事業者に対して審査・調査し、所定の基準をクリアした事業者に付与されるマークです
JADMAマーク
このマークは日本通信販売協会の正会員の目印です。会員の事業者は特定商取引法や同協会の定められた倫理綱領に基づき、販売活動を行う必要があります。


オンラインマーク
JADMAマーク


注7:通信販売の返品ルール
返品の可否・条件・送料の負担を広告に表示していない場合、商品が届いてから8日間は送料を消費者負担で返品することができます。

注8:中途解約権
 クーリング・オフ期間が過ぎてしまっても、入会後1年以内に退会した場合は、商品の引き渡しを受けて90日以内で、商品を再販しておらず未使用であれば、商品を返品して、購入価格の90%相当額の返金を受けることができるというものです。クレジット契約の場合は、クレジットの支払いも拒絶できます。

注9:継続的役務取引6業種には、その後の中途解約権あり
 

事業者が消費者に請求することができる上限金額


役務(サービス)の種類

条件

事業者が消費者に請求することができる金額(解約料)

契約期間

契約金額

役務提供開始前

役務提供開始後

エステティックサロン1カ月を超えること5万円を超えること2万円2万円または残金の10%
(いずれか低い方)
語学教室2カ月を超えること1万5000円5万円または残金の20%
(いずれか低い方)
学習塾1万1000円2万円または授業料の1カ月分
(いずれか低い方)
家庭教師2万円5万円または授業料の1月分
(いずれか低い方)
パソコン教室1万5000円5万円または残金の20%
(いずれか低い方)
結婚相手紹介サービス3万円2万円または残金の20%
(いずれか低い方)
※役務提供開始後は、上記の解約料のほかに提供済みの役務の費用も必要になります。

このページの作成所属
府民文化部 消費生活センター 事業グループ

ここまで本文です。