消費生活センターの機能(相談)

更新日:平成25年4月4日

見出し「よりよい消費生活の実現をめざして」

Q 消費生活センターに相談したいことがあるんだけど、どんなことをしてもらえるの?

A 消費生活トラブルの解決に向けた助言や情報提供をする場合やあっせん・調停を行う場合があります

 

Aさんの場合

情報提供

3日前に訪問販売で買った
浄水器を返したい

Aさんのイラスト (セリフ)何かよい解決方法はないかなぁ?消費生活センターのホームページを見つけました。 あっ、これだ!クーリング・オフのはがきを出そう

自分で解決

Bさんの場合

助言・情報提供

1週間前に友人を誘ったら儲かると言われ、
買った健康食品を返したい

Bさんのイラスト (セリフ)友人が買ってくれないので返したいんですが・・・ クーリング・オフの制度をしっていますか?と相談員の説明を受ける

クーリング・オフの説明と書き方を聞き、解決

Cさんの場合

他機関紹介

サラ金への返済に追われ、
生活できない

Cさんのイラスト (セリフ)返済したいがこのままでは生活できないんです・・。大阪府の金融相談を紹介しますと、相談員が他の相談機関を紹介

他機関で相談
Dさんの場合

あっせん

1カ月前に電話で呼び出され、買ってしまった指輪を返したい

Dさんのイラスト (セリフ)高額な商品を強引に勧められ、断りきれず買ってしまった・・。消費生活センターが事業者とかけあい、事業者の方も勧誘方法に問題もあったので解約料いくらかならと言ってきた。

あっせんで合意解決
あっせん不調の場合には右矢印裁判外紛争処理機関(大阪府消費生活苦情審査委員会など)・裁判など

このページの作成所属
府民文化部 消費生活センター 事業グループ

ここまで本文です。