大阪版食の安全安心認証制度

サブメニューを飛ばして本文へ

ここから本文です。

更新日:平成29年10月3日

 

大阪版食の安全安心認証制度のポイント

◆ 食の安全安心に積極的に取り組んでいる飲食店や食品製造施設、販売店を認証する制度です!

☆ 認証基準には、衛生管理だけでなく、コンプライアンス・危機管理についての項目も含まれています。
☆ 安全安心のために取り組む項目がわかり、従業員の意識向上につながります。
☆ 府が指定した第三者機関が審査を行い、3年間(更新時から5年間)の認証が取得できます。

◆ 認証マークは、安心して利用できるお店・工場の証です!

☆ 認証を受けた施設には認証書が交付され、認証マークを施設に掲示したり、広告やホームページに使用できます。
☆ 認証を受けた施設を大阪府のホームページ等で積極的に公表します。

 認証マーク
      認証マーク 「大阪育ちのこころちゃん」

◆ お店の「HACCP」応援します!−平成29年10月2日より新たな認証基準がスタート−

国は、平成30年をめどに、製造・加工・調理・販売など原則全ての食品等事業者にHACCP導入を義務付ける法改正を行う予定です。

⇒ 大阪版食の安全安心認証制度の認証基準を、HACCPの考え方を取り入れた基準に変更しました!

※ 国が示すHACCPによる衛生管理の基準には、「基準A」と「基準B」があります。
    原則は、国際標準の衛生管理システムであるHACCPの7原則を要件とする「基準A」が適用されますが、一般の飲食店や小規模事業者等には、「基準A」の一部を緩和した「基準B」が適用される予定です。
   大阪版食の安全安心認証制度の認証基準は、全ての事業者が実践できるよう、 「基準B」に沿った内容です。
    HACCP義務化の詳細については、下記ホームページをご覧ください。  
   「食品衛生管理の国際標準化に関する検討会」 (厚生労働省ホームページ)

HACCPとは ― 国際的に認められた効率的・効果的な衛生管理システム

従来の衛生管理を基本としつつ、食品の製造工程のあらゆる段階で発生する可能性のある危害要因(微生物による汚染や異物混入等)をあらかじめ分析し、その結果に基づいて、危害の防止につながる特に重要な工程を定め、重点的に監視・記録を行う衛生管理のシステムです。 (HACCPの詳細についてはこちら )

認証までの流れ

 【食品事業者】
  ○ 認証基準に沿って自主点検を行います。 (認証基準の詳細についてはこちら )

  ○ 8割以上ができていれば、認証機関に申請できます。
        
        ▼ 申請 (認証申請書 [Wordファイル]  / [PDFファイル] )
        ▼
 【認証機関】 大阪府が指定した法人 (認証機関の詳細についてはこちら )
        
         書類審査
         施設の実地審査
        ▼ 
 ★ 認証証基準に8割以上適合していれば 認証決定 ★
     ○ 認証書が交付されます。
     ○ 認証マークの使用が認められます。 (認証マークの使用基準についてはこちら
     ○ 大阪府ホームページや大阪府食の安全安心メールマガジンで認証施設として紹介されます。

※ 申請手数料や申請方法は認証機関によって異なりますので、認証機関にお問い合わせください。


このページの作成所属
健康医療部 食の安全推進課 食品安全グループ

ここまで本文です。