2 大阪府の食の安全安心への取組状況

更新日:平成22年4月1日

第1章 大阪府の現状と課題                           

2 大阪府の食の安全安心への取組状況

平成13年の国内で初めてのBSEの発生、その後の食品偽装表示事件、無登録農薬の使用、中国産冷凍ほうれん草の残留農薬問題などにより、食の安全安心に対する消費者意識が高まり、食の安全安心を支える法及び行政組織が大きく見直されることになりました。
BSEの発生などこれら食の安全を巡る様々な問題の発生を契機として、食品の安全性の確保についての基本となる法律「食品安全基本法※」が平成15年に新たに定められました。
また、食品衛生法※農薬取締法※等食品の安全性確保に関する法律も併せて改正されました。

このページの作成所属
健康医療部 生活衛生室食の安全推進課 監視指導グループ

ここまで本文です。