はじめに

更新日:平成22年4月1日

はじめに

 安全で安心な食生活はすべての府民の願いであり、府民が健康に暮らしていく上で、極めて重要です。
 現在、私たちは、国内外各地からの多様な食品により豊かな食生活を送っています。特に、大阪は、古くから「天下の台所」と呼ばれ、全国の農林水産物の流通拠点として、大きな役割を果たすとともに、独自の食文化をはぐくんできました。食における誇りと伝統のある地域です。このため、近年、食品の安全性や表示への信頼性が損なわれる事案が相次いで発生したことや大規模な食中毒事件を経験したこともあいまって、府民の食の安全安心の確保への関心はかつてなく高まっています。
 もとより、安全で安心な食生活は、生産技術の進歩や交易、流通の仕組み等の社会の変化と密接に関わっており、こうした食に関わる様々な分野の人々の協力によって初めて確保されるものです。こうしたことから、府民の健康を守るため、府を始め、関係する機関及び団体、研究者、事業者、更には府民自らが、食に関わる様々な課題を十分認識し、それぞれの責務や役割を自覚し、共に協力して食の安全安心の確保に取り組むことを目指して、平成19年4月1日に「大阪府食の安全安心推進条例」を制定しました。
 大阪府食の安全安心推進計画は、この条例に基づき、大阪府における食の安全安心の確保に関する施策を総合的かつ計画的に進めるため、その内容や施策の目標について明らかにするものです。
 今後は、この計画に基づき、事業者を始め府民の皆様と協力しながら食の安全・安心の確保に取り組んでまいりますので、一層のご理解とご協力をお願い申し上げます。
 最後に、本計画の策定にあたり、貴重なご意見やご助言をいただいた「大阪府食の安全安心推進協議会」の委員や関係者の皆様に厚く御礼を申し上げます。

 平成20年4月
                         

 大阪府知事  橋下 徹

このページの作成所属
健康医療部 生活衛生室食の安全推進課 監視指導グループ

ここまで本文です。