平成30年度 精米のDNA分析による品種判別調査結果(詳細)

更新日:平成31年4月9日

平成30年度 米のDNA分析 品種判別調査結果


分析品種

分析実施月

分析結果

分析後の対応

1

コシヒカリ

30年9月

適正

 

2

あきたこまち

30年9月

適正

 

3

あきたこまち

30年9月

適正

 

4

コシヒカリ

30年9月

適正

 

5

コシヒカリ

30年9月

適正

 

6

コシヒカリ

30年9月

適正

 

7

コシヒカリ

30年9月

適正

 

8

コシヒカリ

30年9月

 16%の
 異品種混入
 立入調査の結果、精米工程での残米混入が判明。改善を指導。

9

ヒノヒカリ

30年9月

 20%の
 異品種混入
 立入調査の結果、精米工程での残米混入が判明。改善を指導。

10

あきたこまち

30年9月

適正

 

11

コシヒカリ

31年1月

適正

 

12

コシヒカリ

31年1月

適正

 

13

コシヒカリ

31年1月

適正

 

14

コシヒカリ

31年1月

適正

 

15

コシヒカリ

31年1月

適正

 

16

コシヒカリ

31年1月

 4%の
 異品種混入
 立入調査の結果、精米工程での残米混入が判明。改善を指導。

17

コシヒカリ

31年1月

適正

 

18

コシヒカリ

31年1月

適正

 

19

コシヒカリ

31年1月

 24%の
 異品種混入
 立入調査の結果、精米工程での残米混入が判明。改善を指導。

20

コシヒカリ

31年1月

 12%の
 異品種混入
 立入調査の結果、精米工程での残米混入が判明。改善を指導。

このページの作成所属
健康医療部 食の安全推進課 食品表示グループ

ここまで本文です。