食肉を介するE型肝炎に関するQ&Aの改訂について

更新日:平成21年8月5日

平成18年12月4日

食品関係団体各位

大阪府健康福祉部長

大阪市健康福祉局長

堺市健康福祉局長

高槻市健康部長

東大阪市健康福祉局長

食肉を介するE型肝炎に関するQ&Aの改訂について

平素は本府並びに本市食品衛生行政の推進にご理解とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。

E型肝炎ウィルス感染につきましては、既に平成16年12月7日に「E型肝炎ウィルス感染事例について」により、感染予防の注意喚起と厚生労働省ホームページのQ&Aについての情報提供をさせていただいているところですが、今般、別添のとおり平成18年11月16日付けで厚生労働省から「食肉を介するE型肝炎に関するQ&Aの改訂について」の通知がありましたので、下記事項について、改めて貴会員に対し周知徹底方よろしくお願いします。

1.野生動物の肉や、豚レバーなどの豚由来の食品の喫食による感染の可能性も考えられていることから、これらについては生食を避け、十分に加熱調理を行うようお願いします。
2.E型肝炎に関するQ&Aが改訂され、厚生労働省ホームページに掲載されていますので、参考とされますようお願いします。

厚生労働省HP
「食肉を介するE型肝炎ウイルス感染事例について(E型肝炎Q&A)」


   

食の安全推進課ホームページに戻る

このページの作成所属
健康医療部 食の安全推進課 監視指導グループ

ここまで本文です。