平成25年度第4回あきんどCafeを開催しました

更新日:平成27年3月3日

平成25年度第4回あきんどCafeを開催しました。

【日 時】平成25年11月21日(木曜日)
      講演(トークセッション):18時から19時30分まで。 交流会:19時30分から20時30分まで。
【メインスピーカー】増谷ボルト株式会社 代表取締役 増谷 彰彦 氏
【コーディネーター】りそな銀行 インフォメーションオフィサー 奥田 浩之 氏
【場 所】大阪産業創造館
【参加者】22名
【内 容】 特定の業界の成り立ちや課題、今後の方向性について紹介いただき、参加者の皆さんが
      自らの業界と比較しながら今後活かせる要素を汲み取っていただくため、講師と参加者が
      意見交換できるトークセッション形式で実施。また、ワークショップ形式の作業も交え、目指
      すべきゴールから導かれた課題に対する取組み状況について、各参加者から発表していただいた。

■第1部 テーマ「卸売業として生き残るための“強み”について」
 ◇求められるものを早く、正確に納品できることが、増谷ボルト株式会社の“強み”。
  (1) 豊富な品揃え
   求められるものを予測し、通常仕様ではない特注品などの多様なネジを取り揃えている。
  それも、注文を受けてからメーカーへ発注して特注品を取り寄せるのではなく、在庫をもっている
  ので即出荷が可能。

  (2) 柔軟な受注体制
   メーカーから直接買う場合は、通常はケース単位での注文になるが、増谷ボルト株式会社では、
  豊富な在庫をもっているため、ネジ1個からバラ売りでの販売が可能である。また、在庫はシンプル
  に棚で管理して把握していることから、大阪府内であれば注文を受けて即納品が可能。

  (3) 迅速な出荷体制
   ステンレスには、いろいろ材質が入っているため、本当に材質が合っているのかを調べる分析器を
  使用し、日々入荷したときにチェックしている。また、画像測定器や画像寸法測定器で螺旋や太さ、
  頭の高さが合っているかを抜き取りしてチェックを行うなど、品質管理の強化を図っている。
   その上で、商品の品質、寸法、入荷日等によりロット番号を付けるとともに、商品を置く棚のアドレスを
  記載したリストをシステムで管理することで、約2万種類のネジがある中で間違えずに迅速に出荷している。

トークセッションの様子 トークセッションの様子 トークセッションの様子


■第2部 増谷社長と参加者、参加者同士の交流会・名刺交換会

交流会の様子 交流会の様子 交流会の様子

このページの作成所属
商工労働部 中小企業支援室商業・サービス産業課 商業振興グループ

ここまで本文です。