大阪共創ビジネスプログラム

サブメニューを飛ばして本文へ

ここから本文です。

更新日:令和元年7月24日

大阪共創ビジネスプログラム(OCBP)の目的 

 大阪府では、産業の付加価値向上に向けて、新規事業創出を通じたイノベーションの創出を促進しています。その一環として、新たなビジネスの創出を支援するため、大阪共創ビジネスプログラム(OCBP)を実施します。

 全てのモノやサービスがインターネットで急速につながってきている昨今、企業の事業活動を取り巻く環境や消費者の行動形態は大きく変化しています。このような状況の中、中小企業が継続的に成長するためには、既存の領域から一歩踏み出し、新たな製品やサービスを創出することが必要です。

 しかしながら、中小企業が単独で、急速な市場の変化やテクノロジーの進歩に追随し、新たな領域へ挑戦することは困難です。

 そこで、本事業では、多様な立場の人たちと対話しながら、新しい価値を共に創り上げていく「共創」をテーマに、新規事業創出のプロセスやノウハウを提供するセミナー・ワークショップ、「共創」による事業業創造に実績を有する経験豊富なメンター陣が行う個別ハンズオン支援を通じて、自社単独では困難な新しいビジネスの創出を支援していきます。

実施概要

 ★ セミナー、ワークショップを通じて、新規事業を取り巻くビジネストレンドや共創の手法・効果等を伝え、企業の新規事業を促進。
 ★ 個別ハンズオン支援で外部の知見、リソースを繋ぎ、事業に厚み、広がりをもたせることで競争力の高い事業創出を支援。

    支援対象 : 新たな領域への参入や新価値創出に挑む府内中小企業 
    到達点   : 支援対象企業と外部企業との、協業に向けた合意形成

 ◎詳細・参加申込については、下記ウェブサイトよりご確認ください。
   http://ocbp.jp/(外部サイトを別ウインドウで開きます)

2019ocbp1

2019ocbp2

チラシデータのダウンロードはこちら

PDF形式
チラシデータ [PDFファイル/3.04MB]



このページの作成所属
商工労働部 中小企業支援室商業・サービス産業課 新事業創造グループ

ここまで本文です。