精神障がいについての理解を深めるために

更新日:平成22年10月1日

   精神疾患や精神障がいについては、周りから見て分かりにくいため、社会においても、学校現場においても、十分に理解されていない状況があります。

 また、精神障がいは、具体的には気分が沈む、意欲が出にくい、考えがまとまりにくい等の精神症状により、学習や労働、日常生活、対人関係等生活に支障がでてきます。学校の中にも、程度の差はあれ、自覚がないままこのような症状に苦しんでいる子どもがいるかもしれません。

    精神疾患や精神障がいに関しての教育をより促進するためには、精神疾患や精神障がいについての理解を更に深め、当事者や家族などの思いをしっかりと受け止めるとともに、学校や地域における様々な実践に学ぶことが必要です。

    そのため、府教育委員会としては、精神疾患や精神障がいのとらえ方と実践事例について掲載した冊子『精神障がいについての理解を深めるために』を平成20年5月に改訂しました。改訂に際しては、今日における精神疾患や精神障がいについての知見、当事者の思いについて学ぶことができる資料、学校・地域NPO等が取り組んだ実践事例や教材・資料・展開等を収めるよう努めました。

 各学校(園)において、校内研修等で本冊子を活用することにより、「ともに学び、ともに育つ」学校づくりがさらに推進されることを期待します。

 なお、本冊子を活用される際、障がいに関する基本的なことがらを理解することが大切だと考えますので、大阪府教育センター・支援教育研究室作成の『みつめよう一人一人を』の「9 精神障がい (p23〜p27)」を事前にご覧ください。


項   目ページPDF
ファイルサイズ
ダウンロード
ボタン
表紙・はじめに・目次156KB[Wordファイル/78KB]
1−(1)「こころのバリアフリー宣言」32KB [Wordファイル/37KB]
1−(2)精神障がいの理解を深めるため2から3927KB[Wordファイル/76KB]
1−(3)こころの病とのつきあい方4から691KB[Wordファイル/63KB]
1−(4)精神疾患を体験した人を支えるコツ7から12964KB[Wordファイル/137KB]
1−(5)当事者の言葉に耳をかたむけて13から16119KB[Wordファイル/169KB]
1−(6)精神科にかかっている人への理解を深めるために17から1859KB[Wordファイル/36KB]
2−(1)出会い・つながり・ともにいきたい19から22103KB [Wordファイル/737KB]
2−(2)「精神障がい」について知ろう23から26282KB[Wordファイル/590KB]
2−(3)交流を通じて、心の病気を身近な問題として感じる27から31146KB [PDFファイル/146KB] [HTMLページでみる]
2−(4)精神障がい理解のための取り組みについて32から3468KB [Wordファイル/47KB]
参考資料14KB[Wordファイル/43KB]
3−(1)相談機関一覧35から3754KB [Wordファイル/89KB]
3−(2)「こころの病気を学ぶ授業」開発別刷595KB[PDFファイル/588KB] [HTMLページでみる]
3−(3)「こころの病気を学ぶ授業」実施にあたって38から4082KB[Wordファイル/298KB]
裏表紙799KB[Wordファイル/70KB]

このページの作成所属
教育庁 市町村教育室小中学校課 教務グループ

ここまで本文です。