災害用備蓄物資について

更新日:平成29年3月27日

大阪府及び大阪府内市町村の重要物資備蓄について

 大阪府及び大阪府内市町村は、大阪府地域防災計画に基づき、大規模災害に備えてアルファ化米・高齢者用食・毛布・おむつ(幼児小児用、成人用)・トイレットペーパー・生理用品・簡易トイレ等を備蓄しています。
 大阪府では最も被害が大きい南海トラフ巨大地震で予想される避難所生活者をもとに備蓄目標数量を定め、大阪府内3ヶ所(北部・中部・南部)の大阪府広域防災拠点等への備蓄を計画的に進めています。


大規模災害時における救援物資に関する今後の備蓄方針について

 大阪府と大阪府内市町村は、平成27年5月に大阪府域救援物資対策協議会を設置し、平成27年12月に南海トラフ巨大地震をはじめとした大規模災害時に必要な備蓄物資の品目や量を定めた今後の備蓄方針を公表しました。


大規模災害時における救援物資配送マニュアルについて

 大阪府と大阪府内市町村で設置した、大阪府域救援物資対策協議会において、府や市町村の物資担当者向けに、大規模災害時に備蓄物資や国等からの救援物資等を避難所に円滑に配布するための体制や手順などを示した救援物資配送マニュアル(案)を平成29年3月に策定しました。
 引き続き、同協議会において本マニュアルの充実を図ります。


このページの作成所属
政策企画部 危機管理室災害対策課 災害対策グループ

ここまで本文です。