大阪府重度知的障がい者地域生活支援体制整備モデル事業について

更新日:令和2年4月30日

参加法人募集について ※募集は終了しました。

1.趣旨 

  近年、障がい者およびその介護者の高齢化が重大な課題となっています。とりわけ、重度の知的障がい者の多くが介護者である家族と同居しており、親亡き後の暮らしの場の確保は喫緊の課題です。
 このため、大阪府では、障がい者の暮らしの場の1つであるグループホームにおいて、重度知的障がい者に専門的かつ適切な支援ができる事業所の拡大をめざし、本モデル事業を実施します。次のとおり参加法人を公募します。

※ここでは、重度を障がい支援区分5以上とします。

・募集要項 [Wordファイル/34KB]

2.事業内容

(1)事業概要
 本モデル事業に参加する法人(公募により2法人を選定)は、事業の受託者である社会福祉法人北摂杉の子会から、グループホームで重度知的障がい者を適切に支援するにあたって必要となる専門的な知識や技術を学びます(「4.研修内容」参照)。

(2)事業期間  ※新型コロナウィルス感染症の今後の状況変化によりスケジュールの変更をする場合があります。
 令和2年6月上旬頃から令和3年3月31日まで

(3)スケジュール(予定)
  令和2年4月17日から30日                        ・参加法人の応募受付
  令和2年5月中旬頃                          ・応募法人の審査(本モデル事業参加法人の決定)
  令和2年5月下旬頃               ・研修開始日の決定
  令和2年6月上旬頃から令和3年3月31日  ・専門的な知識や技術を学ぶための研修の実施

  ・スケジュール例 [その他のファイル/44KB]

3.対象者(応募資格)

 障がい福祉事業を実施する社会福祉法人で、以下のすべてに該当する者
・ 現在、大阪府内(政令市を除く)で知的障がい者が利用する障がい者入所施設を運営している
・ 現在、重度知的障がい者が利用するグループホームを運営している、または、今後運営する予定がある
・ 本モデル事業に参加するにあたって中心的な役割を担うコアメンバー(3から4名程度)を選出することができる
・ その他、本モデル事業の円滑な実施に協力できる

4.研修内容

 本モデル事業の受託者である社会福祉法人北摂杉の子会が研修を行います。なお、具体的な実施時期や回数は、実際に参加する法人の希望を踏まえて調整します。

【実地研修】
○ 実地研修
(内容)グループホームの運営に必要なマネジメントや支援スキルの活用方法について学ぶため、「レジデンスなさはら」において現場実習を行います。
(場所)レジデンスなさはら(高槻市)
(回数)2回 ※1回につき2名を3日間の実習です。

○ フォローアップ研修
(内容)グループホーム運営などに関する講座を実施します。
(場所)レジデンスなさはら、または、参加法人の事業所内
(回数)2回

【コンサルテーション研修】
○ 訪問コンサルテーション
(内容)本モデル事業のコンサルタントが、参加法人の事業所を定期的に訪問し、各法人で実際に支援している重度知的障がい者の支援事例をもとに、支援の問題点や課題を診断・整理し、解決に向けた助言を行います。※コアメンバーを中心に事例検討を行います。
(場所)参加法人の事業所内
(回数)最大9回 ※初回訪問および成果報告会を含む

○ 応用講座
(内容)また、事業者全体の支援スキルを底上げするため、訪問コンサルテーションの前に、重度知的障がい者の地域生活支援に必要となる知識を学ぶ応用講座を行います。
(場所)参加法人の事業所内
(回数)3回

※回数については1法人あたりの回数です。

5.参加費用 

 1,250,000円
 
※本モデル事業で実施に要する費用の半分を大阪府が負担します。
※本モデル事業の研修開始日決定後、速やかに半分に相当する額(625,000円)を前払いしていただきます。直接、社会福祉法人北摂杉の子会に支払ってください(振込先口座等は参加決定通知においてお知らせします)。
※残りの費用については、令和3年3月末の事業終了後に請求します。ただし、各研修の実施回数に応じて減額となる可能性があります。

6.申込み手続き

  応募申込書に必要事項を記入の上、令和2年4月30日(木曜日)午後5時まで【必着】に、seikatsukiban@sbox.pref.osaka.lg.jp まで、メールでお申し込みください。
  応募申込書は下記よりダウンロードしてお申込みください。
 

7.参加の決定及び通知 

  本モデル事業への参加の決定及び通知は、5月中旬頃を予定しています。参加の可否は、申込みをされたすべての方にメールで通知します。なお、応募多数の場合は、応募資格を確認の上、書類による審査を行います。

8.その他 

  本申込みにより知り得た個人情報については、本モデル事業の運営にかかる目的にのみ使用し、他の目的には使用しません。
 また、募集内容への質問は電子メールで受けつけます。令和2年4月22日(水曜日)午後5時までに seikatsukiban@sbox.pref.osaka.lg.jp までお願いします。なお、質問に対する回答は、令和2年4月27日(月曜日)に府ホームページに掲載します(各質問者には、ホームページに公開したことをお知らせします)。

9.お問い合わせ先

 大阪府福祉部障がい福祉室生活基盤推進課 「重度知的障がい者地域生活支援体制整備モデル事業」担当
 電話番号: 06-6944-2295     ファクシミリ: 06-6944-6674

このページの作成所属
福祉部 障がい福祉室生活基盤推進課 整備グループ

ここまで本文です。