受入廃棄物の測定結果(本格処理)

更新日:平成31年3月13日

 岩手県宮古港藤原埠頭にある大阪府専用ストックヤードに運ばれた受入廃棄物について、下記の測定を実施した結果、すべて基準を十分に満たしていました。

【測定結果】

(1)廃棄物の放射性セシウム濃度

 廃棄物の放射性セシウム濃度については、搬出2回分(約1,600トン)あたりに1回、ゲルマニウム半導体検出器を用いて測定しました。
 放射性セシウム濃度は、基準(100ベクレル/キログラム以下)を十分に満たしていました。

(単位:ベクレル/キログラム[Wet])

測定対象

セシウム134
(検出下限値)

セシウム137
(検出下限値)

合計値

受入基準 

19回目搬出分(H25/8/7出港)
20回目搬出分(H25/8/26出港)
N.D.
(1)
2[Dry換算値:3]
(2)

3(注1)

100以下
17回目搬出分(H25/7/24出港)
18回目搬出分(H25/7/31出港)
N.D.
(3)
N.D.
(3)

N.D.

15回目搬出分(H25/6/26出港)
16回目搬出分(H25/7/17出港)
N.D.
(3)
N.D.
(3)

N.D.

13回目搬出分(H25/6/6出港)
14回目搬出分(H25/6/17出港)
N.D.
(3)
N.D.
(4)

N.D.

11回目搬出分(H25/4/25出港)
12回目搬出分(H25/5/15出港)
N.D.
(4)
N.D.
(2)

N.D.

9回目搬出分(H25/4/11出港)
10回目搬出分(H25/4/18出港)
N.D.
(4)
N.D.
(4)

N.D.

7回目搬出分(H25/3/14出港)
8回目搬出分(H25/3/23出港)
N.D.
(3)
N.D.
(3)

N.D.

5回目搬出分(H25/2/27出港)
6回目搬出分(H25/3/6出港)
3 [ Dry換算値:5 ]
(2)

5 [ Dry換算値:8 ]
(2)

3回目搬出分(H25/2/13出港)
4回目搬出分(H25/2/20出港)
N.D.
(3)
N.D.
(2)

N.D.

1回目搬出分(H25/1/23出港)
2回目搬出分(H25/2/2出港)

N.D.
(4)

N.D.
(4)

N.D.

 
※N.D. :Not Detected
  ・・・測定できる最低値(検出下限値)に満たず、検出できなかったことを意味します。
 ※測定は、組成ごとではなく、廃棄物全体として行っています。
 ※Dry換算値とは、測定結果を乾燥状態に換算したときの値です。
 (注1)19・20回目搬出予定分の合計値は、セシウム134の検出下限値「1」とセシウム137の測定結果「2」を足して「3」としています。

(2)廃棄物の空間放射線量

 廃棄物の空間放射線量については、搬出1回分(約800トン)あたりに1回、廃棄物から1m離れて、NaIシンチレーションサーベイメータを用いて測定しました。
 空間放射線量は、基準(バックグラウンドの3倍未満)を十分満たしていました。 

(単位:マイクロシーベルト/時)

測定対象

空間放射線量
(最小値−最大値)

バックグラウンド

基準

20回目搬出分(H25/8/26出港)

0.06−0.070.07

バックグラウンドの3倍未満

19回目搬出分(H25/8/7出港)

0.06−0.07

18回目搬出分(H25/7/31出港)

0.06−0.07

17回目搬出分(H25/7/24出港)

0.06−0.07

16回目搬出分(H25/7/17出港)

0.06−0.07

15回目搬出分(H25/6/26出港)

0.06−0.07

14回目搬出分(H25/6/17出港)

0.06−0.07

13回目搬出分(H25/6/6出港)

0.06−0.07

12回目搬出分(H25/5/15出港)

0.06−0.07

11回目搬出分(H25/4/25出港)

0.07−0.07

10回目搬出分(H25/4/18出港)

0.07−0.08

9回目搬出分(H25/4/11出港)

0.06−0.08

8回目搬出分(H25/3/23出港)

0.06−0.07

7回目搬出分(H25/3/14出港)

0.06−0.07

6回目搬出分(H25/3/6出港)

0.06−0.07

5回目搬出分(H25/2/27出港)

0.06−0.07

4回目搬出分(H25/2/20出港)

0.06−0.07

3回目搬出分(H25/2/13出港)

0.06−0.07

2回目搬出分(H25/2/2出港)

0.07−0.08

1回目搬出分(H25/1/23出港)

0.06−0.07

 

(3)廃棄物の遮蔽放射線量

 廃棄物からの放射線量を測定するため、鉛製の箱の中で廃棄物とNaIシンチレーションサーベイメータを接触させて測定しました。
 測定結果から廃棄物を入れていない箱の中で測定した値を引いた値が遮蔽放射線量です。
 遮蔽放射線量は、搬出1回分(約800トン)あたりに1回測定しており、基準(0.01マイクロシーベルト/時以下)を満たしていました。

(単位:マイクロシーベルト/時)

測定対象

遮蔽放射線量基準

20回目搬出分(H25/8/26出港)

0.000.01以下

19回目搬出分(H25/8/7出港)

0.00

18回目搬出分(H25/7/31出港)

0.00

17回目搬出分(H25/7/24出港)

0.00

16回目搬出分(H25/7/17出港)

0.00

15回目搬出分(H25/6/26出港)

0.00

14回目搬出分(H25/6/17出港)

0.00

13回目搬出分(H25/6/6出港)

0.00

12回目搬出分(H25/5/15出港)

0.00

11回目搬出分(H25/4/25出港)

0.00

10回目搬出分(H25/4/18出港)

0.00

9回目搬出分(H25/4/11出港)

0.00

8回目搬出分(H25/3/23出港)

0.00

7回目搬出分(H25/3/14出港)

0.00

6回目搬出分(H25/3/6出港)

0.00

5回目搬出分(H25/2/27出港)

0.00

4回目搬出分(H25/2/20出港)

0.00

3回目搬出分(H25/2/13出港)

0.00

2回目搬出分(H25/2/2出港)

0.00

1回目搬出分(H25/1/23出港)

0.00

 

このページの作成所属
環境農林水産部 循環型社会推進室資源循環課 施設整備グループ

ここまで本文です。