家庭学習支援事業(図書カードの配付)についてのお知らせ

更新日:令和2年5月7日

家庭学習支援事業(図書カードの配付)について

このページは、家庭学習支援事業として実施する図書カードの配付について、大阪府内の私立学校・園に通う園児、児童、生徒の皆さんとその保護者の方々に、事業の詳細をお知らせするページです。

概要版 [PDFファイル/69KB]

大阪府では、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、令和2年3月2日以降、府内の公立学校のほか、私立学校(幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、高等専修学校、外国人学校)に、臨時休業の措置をとるよう協力をお願いしています。

このたび、学校の臨時休業が長引く中、自宅で待機していただいている園児、児童、生徒の皆さんに、自宅での学習を支援するため、一人2,000円相当の図書カード(QRコード式)をお配りすることになりました。

このページでは、図書カード(QRコード式)について、注意いただきたいことなどを説明しています。

また、図書カード(QRコード式)を配付する事業の実施にあたり、大阪府教育長からのメッセージを掲載しています。あわせてご覧ください。

配付される図書カード(QRコード式)について

配付する図書カード(QRコード式)は、一人ひとり異なるQRコードやIDが記載された、A4サイズの紙1枚【表面:金額(2,000円)、QRコード、IDなどを掲載/裏面:書店やオンライン書店での使い方を掲載】です

見本はこちら↓

(表面) [PDFファイル/1.14MB]

(裏面) [PDFファイル/1.53MB]

<大切なお知らせ>

交通ICカードサイズの通常の「図書カード」とは大きさが異なります。誤って廃棄しないよう、ご注意ください(再発行はできません)

2,000円分の全額を使い終わるまで、大切に保管してください

QRコードやID番号、PIN(ピン)番号は、SNSなどに掲載しないでください。他の人に使用されてしまう可能性があります。(誤って他の人に使用されてしまった場合でも、再発行や補填はできません)

図書カード(QRコード式)の使いかたについて

オンライン書店で使うことができます。図書カード(QRコード式)に記載の「ID番号」「PIN(ピン)番号」を入力して使います。家にインターネットに接続できるパソコンやスマートフォンがあれば、書店に行かなくても買うことができます。

取扱い書店で使うこともできます。教材や本などを書店で購入するときに、レジカウンターにこの図書カード(QRコード式)を出してください。(書店でQRコードを読み取ります)

お手元に届いた図書カード(QRコード式)の裏面に、利用方法が掲載されています。

残額確認方法についても、裏面に記載されています。

有効期限(約10年間)までにお使いください

使い方、QRコードの読み取りエラーなど、不具合があった場合の問い合わせ、図書カード(QRコード式)に掲載されているホームページや、専用ダイヤルをご利用ください。

図書カード発行事業者(日本図書普及株式会社)による、大阪府から配布される図書カードについての特設ページはこちら(外部サイト)

大阪府では、使い方などについての個別のお問合せには対応できません。ご了承ください。

図書カード(QRコード式)を配付する対象について

大阪府が図書カードをお配りする対象は、次の学校・園のうち、国の緊急事態が発令された令和2年4月7日までに、臨時休業に協力いただいている学校・園に在籍する園児、児童、生徒の皆さんです。

・幼稚園、幼稚園型認定こども園
※幼保連携型認定こども園に通う園児の皆さんには、大阪府が今後実施予定の事業で別途図書カードが配付される予定です。
・小学校
・中学校
・高等学校
・中等教育学校
・高等専修学校
・各種学校のうち、外国人学校

図書カード(QRコード式)の配付方法と時期について

図書カード(QRコード式)は、園児、児童、生徒の皆さんが在籍する学校・園を通じて、皆さんのお手元に届きます。

(4月下旬以降、図書カード発行事業者から、順次、各学校・園へ発送します。学校・園に届いたのち、各学校・園から、在籍する園児、児童、生徒の皆さんのもとに届けていただくよう、大阪府から各学校にご協力をお願いしています。)

学校からの配付方法や時期は、学校ごとに異なります。教材や事務連絡などの郵送と合わせて届く場合もありますので、ご注意ください。

また、各学校では、現在、コロナウイルス感染拡大防止の観点から、教職員の方々の在宅勤務を進めるなど、通常と異なる業務体制で対応しておられる場合があります。お手元に届くまでお待ちください。

【大阪府教育長からのメッセージ】

 

大阪府内小中高等学校等の児童・生徒等、保護者及び学校関係者の皆さんへ

 

新型コロナウイルス対策にご協力をいただき、感謝申し上げます。感染拡大を防ぐため、3月2日(月曜日)から大阪府内の学校等に臨時休業のお願いをしました。 その後、春休みに入り、4月から新学年スタートのはずが、爆発的感染拡大を食い止めるための 「緊急事態宣言」が発出されました。 こうしたことにより、2か月近く大阪府内の学校等を再開できずにいることを改めてお詫び申し上げますとともに、ご理解いただき、我慢を重ねていただいている皆さんに心から感謝申し上げます。

 

大阪府としては、その感謝の気持ちとあわせ、子どもたちが家で過ごす時間を少しでも有意義に使っていただけるよう、図書カードをお贈りすることとしました。家庭学習のための教材や普段は挑戦できない長編の本を購入するなどそれぞれでご活用いただければ幸いです。

 

先日、月が地球に最接近し満月が大きく綺麗に見える日がありました。「スーパームーン」です。それにちなんで、万有引力を発見したアイザック・ニュートンの話を紹介します。1665年、今から350年余り前のことです。当時ニュートンが通っていたケンブリッジ大学のあるロンドンで、ペストという伝染病が大流行しました。その感染拡大を防ぐため、大学は2年間休校となり、ニュートンは実家に戻ってその期間を過ごしました。庭で木から落ちるリンゴを見て引力の存在に辿り着いたのはこの時だったそうです。後にニュートンは、この2年間のことを「創造的休暇」と呼んだそうです。

 

皆さんにとって辛い日が続いています。私たちは、少しでも力になりたいと考えています。子どもたちの家庭学習については、家で時間割を作って学校からの課題等に取り組むなどの工夫をして下さい。府教育センターのホームページにも学習教材や動画を掲載しています。また、悩みや心配事があれば、下記の相談窓口を設けているので利用して下さい。LINE(ライン)でも相談を受け付けています。 そして、教員をはじめ学校関係者の皆さんには、この図書カードを配付する機会も活用して、電話や家庭訪問など様々な方法で、子どもたちの様子を見守り、声をかけていただくなど、一人ひとりの心のケアに意を用いていただければ幸いです。 一日も早く学校に子どもたちの笑顔が戻る日が来るよう、皆で一丸となって頑張りましょう。

 

令和2年4月17日

大阪府教育長 酒井 隆行

 

その他(臨時休業中の学習支援や相談窓口のご案内)

大阪府教育センター「臨時休業中の学習支援のページ」
http://wwwc.osaka-c.ed.jp/category/forteacher/child.html

大阪府教育センター「すこやか教育相談」

<子どもからの相談(すこやかホットライン)>
Tel:06-6607-7361
メール相談:sukoyaka@edu.osaka-c.ed.jp

<子どもからの相談(LINE(ライン)相談:すこやか相談@大阪府)>
新入生など、各学校へ配付しているカードをお持ちでない方、学校臨時休業に伴うLINE(ライン)による子どもの相談窓口が設置されています(5月7日まで)。下記URLをクリックして、「学校臨時休業に伴うLINE(ライン)による子どもの相談窓口について【LINE(ライン)相談】 」の欄をご覧ください。
http://www.pref.osaka.lg.jp/kyoikusomu/homepage/kyoiku_kannsensho.html

各学校へ配付しているカードをお持ちの児童、生徒の皆さんはこちらのLINE(ライン)相談も使えます
http://wwwc.osaka-c.ed.jp/matters/consultation/sukoyaka/linesoudan_poster.pdf

<保護者からの相談(さわやかホットライン)>
Tel:06-6607-7362
メール相談:sawayaka@edu.osaka-c.ed.jp

<教職員からの相談(しなやかホットライン)>
Tel:06−6607−7363
メール相談:sinayaka@edu.osaka-c.ed.jp 

このページの作成所属
教育庁 私学課

ここまで本文です。