平成31年度大阪府立知的障がい高等支援学校職業学科入学者選抜方針

更新日:平成30年3月30日

平成31年度大阪府立知的障がい高等支援学校職業学科入学者選抜方針

 大阪府立知的障がい高等支援学校職業学科入学者選抜は、以下の方針に基づいて、職業学科を設置する各高等支援学校長が行う。

第1 全般的な事項

1 入学者選抜の種類
 入学者選抜の種類は、大阪府立知的障がい高等支援学校職業学科(本校)入学者選抜、大阪府立高等学校に設置する共生推進教室入学者選抜とする。

2 募集人員
 各知的障がい高等支援学校職業学科(本校)及び各共生推進教室の募集人員は、別に定める。

3 その他
 この方針で定めるもののほか、入学者選抜の実施に関し必要な事項は、府教育委員会が別に定める。

第2 各入学者選抜の具体的事項

1 大阪府立知的障がい高等支援学校職業学科(本校)入学者選抜

  就労を通じた社会的自立をめざす、大阪府立知的障がい高等支援学校職業学科(本校)の入学者選抜を実施する学校は、大阪府立たまがわ高等支援学校、大阪府立とりかい高等支援学校、大阪府立すながわ高等支援学校、大阪府立むらの高等支援学校及び大阪府立なにわ高等支援学校(以下「職業学科を設置する高等支援学校(本校)」という。)とする。

1  応募資格
  職業学科を設置する高等支援学校(本校)への入学を志願することのできる者は、本人及び保護者の住所(住民票に記載されている居所をいう。以下同じ。)が原則として大阪府内にある者のうち、次の(1)から(3)までのいずれにも該当する者とする。

  (1)  平成31年3月に中学校若しくはこれに準ずる学校、義務教育学校又は中等教育学校の前期課程(以下「中学校等」という。)を卒業または修了(以下「卒業」という。)する見込みの者

  (2)  療育手帳を所持している者又は児童相談所等の公的機関により知的障がいを有すると判定を受けた者

  (3)  自主的な通学が可能である者

2  選抜方法等
  (1)  入学者の選抜は、中学校等の校長が提出する調査書及び推薦書並びに適性検査(筆答・作業)及び面接(以下「検査等」という。)の結果を総合的に判断して、職業学科を設置する高等支援学校(本校)の校長(以下、「支援学校長」という。)が行う。

  (2)  検査等は、各支援学校長が当該支援学校において行う。

3  出願、検査等及び合格者発表の期日      *表のテキスト版はこちらをクリックしてください  [テキストファイル/124B]

出願

検査等

合格者発表

   2月13日 水曜日  及び
   2月14日 木曜日
   面接 2月19日 火曜日
   検査 2月20日 水曜日
    2月27日 水曜日


4  併願等
   (1)  本入学者選抜に出願する者は、本入学者選抜方針の大阪府立高等学校に設置する共生推進教室入学者選抜並びに平成31年度大阪府公立高等学校入学者選抜のうち特別入学者選抜、大阪府立豊中高等学校能勢分校に係る入学者選抜、海外から帰国した生徒の入学者選抜、日本語指導が必要な帰国生徒・外国人生徒入学者選抜、知的障がい生徒自立支援コース入学者選抜への志願において、併願することができない。

   (2) 本入学者選抜の合格者は、平成31年度大阪府公立高等学校入学者選抜のうち一般入学者選抜及び二次入学者選抜に出願することができない。本入学者選抜の合格者で平成31年度大阪府立支援学校高等部入学者決定に出願している者は、その受験資格を失う。

5  大阪府立知的障がい高等支援学校職業学科(本校)補充入学者選抜
  本入学者選抜実施校のうち合格者数が募集人員に満たない職業学科を設置する高等支援学校(本校)にあっては、大阪府立知的障がい高等支援学校職業学科(本校)補充入学者選抜(以下、「知的障がい高等支援職業学科補充選抜」という。)を行う。
  志願できる者は、「1 大阪府立知的障がい高等支援学校職業学科(本校)入学者選抜」の「1 応募資格」の(1)から(3)のいずれにも該当し、次の[1]から[3]のいずれかに該当する者とする。

    [1]  知的障がい高等支援職業学科補充選抜出願時に、国公私立の高等学校、高等専門学校、特別支援学校高等部のうち、いずれの入学者選抜にも合格していない者(出願していない者を含む。)又は合格しても必要な手続きをしなかったため入学の資格を失った者

    [2]  中等教育学校前期課程を修了見込みの者であって後期課程に進級しないことが確定している者のうち、[1]に該当する者

    [3]  併設型中高一貫教育における併設中学校を卒業見込みの者であって併設高等学校に進学しないことが確定している者のうち、[1]に該当する者

   なお、知的障がい高等支援職業学科補充選抜の出願、検査等及び合格者発表の期日は、次のとおりとする。

    *表のテキスト版はこちらをクリックしてください  [テキストファイル/76B] 

出願

検査等

合格者発表

3月22日 金曜日

3月22日 金曜日

3月26日 火曜日

  大阪府立高等学校に設置する共生推進教室入学者選抜

  大阪府立高等学校に設置する共生推進教室入学者選抜にかかる共生推進教室の入学者選抜を実施する設置校(以下、「実施校」という。)は別に定める。

1  応募資格
  大阪府立高等学校に設置する共生推進教室への入学を志願することのできる者は、本人及び保護者の住所が原則として大阪府内にある者のうち、次の(1)から(3)のいずれにも該当する者とする。

    (1)  平成31年3月に大阪府内の中学校等を卒業する見込みの者

    (2)  療育手帳を所持している者又は児童相談所等の公的機関により知的障がいを有すると判定を受けた者

    (3)  自主的な通学が可能である者

2  選抜方法等

    (1)  学力検査は実施せず、実施校において面接を行う。

    (2)  入学者の選抜は、中学校等の校長が提出する調査書及び推薦書並びに面接の内容を資料として、支援学校長が行う。

3  出願、面接及び合格者発表     *表のテキスト版はこちらをクリックしてください  [テキストファイル/112B]

出願

面接

合格者発表

   2月13日 水曜日  及び
   2月14日 木曜日
   2月19日 火曜日  又は
   2月20日 水曜日
    2月27日 水曜日


4  併願等
    (1)  本入学者選抜に出願する者は、本入学者選抜方針の大阪府立知的障がい高等支援学校職業学科(本校)入学者選抜並びに平成31年度大阪府公立高等学校入学者選抜のうち特別入学者選抜、大阪府立豊中高等学校能勢分校に係る入学者選抜、海外から帰国した生徒の入学者選抜、日本語指導が必要な帰国生徒・外国人生徒入学者選抜、知的障がい生徒自立支援コース入学者選抜への志願において、併願することができない。

    (2)  本入学者選抜の合格者は、平成31年度大阪府公立高等学校入学者選抜のうち一般入学者選抜及び二次入学者選抜に出願することができない。本入学者選抜の合格者で平成31年度大阪府立支援学校高等部入学者決定に出願している者は、その受験資格を失う。

5  大阪府立高等学校に設置する共生推進教室補充入学者選抜
  本入学者選抜実施校のうち合格者数が募集人員に満たない共生推進教室にあっては、大阪府立高等学校に設置する共生推進教室補充入学者選抜(以下、「共生推進教室補充選抜」という。)を行う。
  志願できる者は、「2 大阪府立高等学校に設置する共生推進教室入学者選抜」の「1 応募資格」の(1)から(3)のいずれにも該当し、次の[1]から[3]のいずれかに該当する者とする。

  [1]  共生推進教室補充選抜出願時に、国公私立の高等学校、高等専門学校、特別支援学校高等部のうちいずれの入学者選抜にも合格していない者(出願していない者を含む。)又は合格しても必要な手続きをしなかったため入学の資格を失った者

  [2]  中等教育学校前期課程を修了する見込みの者であって後期課程に進級しないことが確定している者のうち、[1]に該当する者

  [3]  併設型中高一貫教育における併設中学校を卒業見込みの者であって併設高等学校に進学しないことが確定している者のうち、[1]に該当する者

   なお、共生推進教室補充選抜の出願、面接及び合格者発表の期日は、次のとおりとする。 

      *表のテキスト版はこちらをクリックしてください  [テキストファイル/74B]

出願

面接

合格者発表

3月22日 金曜日

3月22日 金曜日

3月26日 火曜日

 

共生推進教室について

  
職業学科を設置する高等支援学校と府立高等学校が連携し、知的障がいのある生徒一人ひとりの教育的ニーズに応じた支援を行い、「ともに学び、ともに育つ」教育を推進する制度である。

このページの作成所属
教育庁 教育振興室支援教育課 学事・教務グループ

ここまで本文です。