市町村への権限移譲(チェックボード)


概要(説明)

 大阪府では、『大阪発“地方分権改革”ビジョン』に基づき、平成22年度からの3か年を集中取組期間として「特例市並みの権限移譲」を推進してきました。平成26年度からは「特例市並みの権限移譲」の定着・充実を図りながら、他府県における移譲実績を踏まえ、現時点で移譲可能な事務の移譲を進めます。

 関連リンクはこちら

発端は何?

 『大阪発“地方分権改革”ビジョン』において、市町村優先の徹底により住民に身近な行政サービスは基礎自治体が担っていくとしていることから、平成21年7月に『特例市並みの権限移譲に向けた基本的な考え方』を策定しました。
 また、平成26年5月に『今後の権限移譲の基本的な考え方』を策定し、基礎自治体への権限移譲を積極的に推進しています。 

寄せられたご意見



今後の予定は?

・「今後の権限移譲の基本的な考え方」を踏まえて、府内市町村への権限移譲を行います。



どこまで進んでいるの?

■第1フェーズ(特例市並みの権限移譲)2010年〜  ■第2フェーズ(新たな事務の移譲)2014年〜


会議の状況 議会・庁内会議 府外団体等会議
市町村地方分権担当部長会議 2011年4月26日
市町村地方分権担当部長会議 2011年11月2日
市町村地方分権担当部長会議 2012年1月19日
市町村地方分権担当部長会議 2012年5月30日
市町村地方分権担当部長会議 2012年7月19日
市町村地方分権担当部長会議 2013年2月26日
市町村地方分権担当部長会議 2013年6月12日
市町村地方分権担当部長会議 2014年1月29日
市町村地方分権担当部長会議 2014年4月23日
市町村地方分権担当部長会議 2014年6月4日
市町村地方分権担当部長会議 2015年5月26日
市町村地方分権担当部長会議 2016年5月23日
市町村地方分権担当会議 2017年5月19日
市町村地方分権担当会議 2018年5月17日
市町村地方分権担当会議 2019年5月22日

このページの作成所属
総務部 市町村課 振興・分権グループ

ここまで本文です。