過疎地域自立促進方針

更新日:平成30年8月9日

過疎地域自立促進特別措置法の一部改正と過疎地域の公示

 過疎対策については、昭和45年に過疎地域対策緊急措置法が制定されて以来、各種の特別措置が講じられてきました。

 しかし、過疎地域においては、人口減少に歯止めがかからず、基幹産業である農林水産業の低迷、身近な生活交通の不足、高齢化が進む集落の機能低下など、依然として厳しい状況にあることから、平成12年には過疎地域自立促進特別措置法が制定されました。

 今般、過疎地域の要件追加など過疎法の一部が改正され、大阪府内で初めて過疎地域をその区域とする市町村として千早赤阪村が公示されました。(公布日:平成26年3月31日、施行日:同年4月1日)

「大阪府過疎地域自立促進方針」について

 「大阪府過疎地域自立促進方針」は、過疎地域自立促進特別措置法第5条の規定に基づき、大阪府における今後の過疎地域の自立促進のための総括的な方針を示すとともに、過疎地域において定める「過疎地域自立促進市町村計画」等を策定する際の指針とするものです。

 「大阪府過疎地域自立促進方針(案)」に対する府民意見等の募集について  ※募集期間は終了しました

 大阪府では、「大阪府パブリックコメント手続実施要綱」に基づき、「大阪府過疎地域自立促進方針(案)」に対する府民の皆様からの意見を募集したところ、意見はございませんでした。

「大阪府過疎地域自立促進方針(案)」に対する府民意見等の募集結果について

「大阪府過疎地域自立促進方針(案)」に対する府民意見等の募集について  ※募集期間は終了しました

このページの作成所属
総務部 市町村課 振興・分権グループ

ここまで本文です。