大阪府トップ > 施策集 > 結核対策関連事業(経常的経費)
施策集とは

結核対策関連事業(経常的経費)

事業名称

結核対策関連事業(経常的経費)

概要

1.結核患者に対する菌検査の強化、保健師による医療中断防止のための家庭訪問指導を実施する。
2.学校、施設の設置者が実施する定期健康診断に要する経費負担を軽減し、検診の促進を図る。
3.患者の病状を把握することによる対策の迅速化を図り、再発や二次感染の防止を図る。
4.全国ワースト1である結核状況改善のため、重点的対策を講じる。
5.患者への入院勧告などについて知事の諮問に応じ、審議する機関として協議会を設置する。
6.集団感染対策及び再発防止のための精密検査を実施。
7.府内の結核対策についての調査・審議

○内容
1.結核菌検査及び医療中断防止強化事業
【事業内容】
 結核患者及び接触者から菌を採取、保健所で検査を行う。さらに耐性を調べるための薬剤感受性検査を実施。
【事業主体】
 都道府県
2.定期健康診断事業
【事業内容】
 私立学校長、施設長が実施する定期健康診断事業に要する経費に対し、補助金を交付する。
【補助対象】
 府内私立学校の1年生・施設入所者
【事業主体】
 私立学校の長、施設長
3.結核定期病状調査
【事業内容】
 結核患者のうち病状把握が困難な者について、医療機関からの病状の報告を得る。
【事業主体】
 都道府県
4.結核対策特別促進事業
【事業内容】
 ・高齢者に対する結核予防総合事業 府の結核登録者の大半を高齢者が占めることから、高齢者に対する重点的対策を講じる。
 ・結核患者治療成績評価推進事業患者の治療成績情報を収集・分析し検討することで課題を抽出し、効果的な治療へ結び付けていく。
 ・野宿生活者結核検診推進事業 検診の機会にがない野宿生活者を対象に結核検診を実施し、感染拡大の防止を図る。
【事業主体】
 都道府県
【負担割合】
 国庫1/2、都道府県1/2
【開始年度】
 昭和61年度〜
5.感染症の診査に関する協議会
【事業内容】
 結核患者の入所命令及び結核公費負担の申請に関し、必要な事項を審議する。
【事業主体】
 都道府県
6.結核検診関係費
【事業内容】
 結核に感染しているおそれのある者に対し健康診断を実施する。
【事業主体】
 都道府県
【負担割合】
 定期外健康診断費及び管理検診費 国庫1/2、都道府県1/2
7.結核対策審議会事業
【事業内容】
 府内の結核対策についての調査・審議
【事業主体】
 都道府県

関連ページ

担当室課

健康医療部 保健医療室医療対策課

関連
リンク

施策集

結核対策の推進

行政計画

大阪府結核対策推進計画

予算編成過程

結核対策関連事業費(経常的経費)(19963900)
予算編成過程に事業の名称が表示されている場合は、予算要求や査定の内容をご覧いただけます。

ここまで本文です。