平成29年3月31日開催 部長会議の審議・報告の概要

更新日:平成29年4月4日

○と き 平成29年3月31日(金曜日) 午前11時30分から11時40分まで
○ところ 特別会議室大
○出席者 知事、副知事、各部局長等

【会議資料】

(資料)時間外勤務の実績 [PDFファイル/10KB]

※3月31日付け退任・退職者の紹介あり
 (植田副知事・上家健康医療部長・津組商工労働部長・石川環境農林水産部長・吉村都市整備部長・堤住宅まちづくり部長)


<平成28年度時間外勤務の実績>
【総務部長】
・毎年度増加の一途であった時間外勤務が、今年度初めて減少に転じた。2月末までの対前年度比で約4万時間、金額に置き換えると約1億3千万円相当の削減となる。
・健康へのリスクが高くなる月80時間超えの職員数も、前年度比で約4割減少。特に、年度後半では5割減少していることから、過重労働対策に本腰を入れた効果が出始めている。各部局長のマネジメントに感謝。
・引き続き、残業ゼロをめざし、働き方改革の取組みを全庁で一層進めていくので協力をお願いする。

<退任あいさつ>
【植田副知事】
・副知事に就任して4年間、知事の下で府政の一端を担い、特にふるさと大阪のために尽力させてもらったことは感慨ひとしお。
・インバウンド、万博、IRなど、これからは大阪の時代。私も今後とも大阪のために、がんばっていきたい。皆さんには、これからも東京に負けない「副首都・大阪」を目指して、活躍していただきたい。
・知事をはじめ、皆さんには、本当にお世話になりました。

【知事】
・退任、退職される皆さん、本当にお疲れさまでした。
・平成15年に府議会議員となって以来、府政に携わってきたが、この5、6年で府庁はすごく変わってきた。昨年度から今年度にかけては、万博やIR、成長インフラといった前を向いた仕事に大いに取り組んでくることができた。
・景気は気からという言葉があるが、府民の皆さんにも、大阪がよくなってきたと体感してもらえているのではないか。
・橋下・松井府政の9年間、皆さんは府の幹部として府政の方向性を決める中心メンバーであった。その成果は少しずつ出てきている。退任、退職される皆さんには、これからも府政への応援をお願いしたい。
・来週から新しい部長を迎えるが、このままの前向きな府政運営を更に加速していきたいので、来年度もよろしくお願いする。

 ≪以上≫

このページの作成所属
政策企画部 政策企画総務課 総務・企画グループ

ここまで本文です。