平成28年12月28日開催 部長会議の審議・報告の概要

更新日:平成28年12月28日

○と き 平成28年12月28日(水曜日) 午前10時18分から10時25分
○ところ 特別会議室大
○出席者 知事、副知事、各部長等


<地震・津波災害対策訓練>
【危機管理監】
・年明け1月17日に地震・津波災害対策訓練を実施。今回は、南海トラフ巨大地震が平日の執務時間中の午前10時に発災した想定で、直後の災害対策本部の初動オペレーションと発災2日後の災害応急対策について訓練を行う。
・危機管理室では、石油コンビナート災害対応訓練、救援物資配送訓練を併せて行う。熊本地震の教訓を取り入れ、より実践的な訓練となるようにしたい。
・本訓練を通じて災害対処能力の向上と関係機関との顔の見える関係づくりと連携の強化を図り、府庁業務継続計画(BCP)についても、本訓練を通じてしっかりと検証を行う。
・各部局における訓練内容についても、部局間連携を行うなど、より実践的な訓練となるようご協力をお願いする。今回、都市整備部においては、陸上自衛隊の部隊の受入れに伴う道路通行可否の情報共有訓練について協力してもらう。
・来年1月で阪神・淡路大震災から22年が経過。この震災を経験していない職員が増えていく中、災害を忘れないためにも本訓練は重要と考えているので、ご協力をよろしくお願いする。

<年末に当たって>
【知事】
・あっという間の1年であったが、特に秋から年末にかけて、大阪の将来の成長を担う万博とIRについて、国の前向きな動きが出てきた。来年は、大阪の成長を形づくるため、しっかり中身を詰めていく。
・昨日の副首都推進本部会議において、府と大阪市の統合案件の進捗管理を的確に行っていくため、副知事・副市長会議を設置。今後、副知事には、副市長との間で様々な激論になることもあると思うが、工程どおり統合案件をきっちりまとめていってもらいたい。
・IRに関しては、府市で推進会議を設置し、座長に溝畑大阪観光局長を迎えたい。会議メンバーは、これから選定していくことになるが、今後、各部局長へ様々な協力を依頼されると思うので、全面的に協力をお願いする。特に、府民から一番心配されている治安対策に関して、リスクをどのように抑え込むのか具体的な説明をしていかないと、IRに対する府民の理解が広がっていかないので、警察本部の協力をお願いする。
・また、子どもへの悪影響については、教育庁にも検討をお願いする。府民文化部と健康医療部については、IR基本法から1年以内に国会に提出されるIR実施法に対し、府として提言できるように、中心メンバーとしてしっかり検討してもらいたい。
・来年は酉年。羽ばたいて飛躍する1年としたい。短期間であるが、年末年始はゆっくり休んで、英気を養ってもらいたい。1年間ご苦労さま。

 ≪以上≫

このページの作成所属
政策企画部 政策企画総務課 総務・企画グループ

ここまで本文です。