平成26年9月11日開催 部長会議の審議・報告の概要

更新日:平成26年9月11日

○と き 平成26年9月11日(木曜日) 午前10時00分から10時22分
○ところ 特別会議室大
○出席者 知事、副知事、各部長等

【会議資料】

(資料1) 27年度に重点的に施策展開すべき課題 [PDFファイル/66KB]
(資料2) OSAKA☆ジョブフェスタ 女性輝く一週間 [PDFファイル/304KB]


<9月定例会に向けて>
【知事】
・今月25日から9月定例会が始まる。審議の中心は、今月2日に国から手交された特別区設置協定書になる。各会派から様々な意見があると思うが、新たな大都市制度のもとで、住民サービスを維持し、新たに生まれる財源により少子高齢化対策や医療、福祉、教育の各分野や都市インフラの整備、府民の安全安心にかかわる南海トラフ巨大地震津波対策における防潮堤の強化等に充当する。次世代に負担をかけないよう、財政規律を堅持しながら税収入を増加させるとともに、新たな財源を生み出すことをセットに考えていきたい。そのためには統治機構の変更が必要なことを徹底して訴えていくので、各部長も努力してほしい。

【政策企画部長】
・9月定例会に向けて、課題・論点について整理していきたいと思っているので、各部長のご協力をお願いする。

<27年度に重点的に施策展開すべき課題について>
【知事】
・先週の戦略本部会議でも言ったが、「成長戦略」に書かれた取組みをやり切ることで、東京に並ぶ二極の一極を担う大阪を作ることができると確信している。
・来年度については、特区制度の活用による世界最高水準のビジネス環境の整備や2020年のオリンピックも視野に入れ、シンボルイヤーやIRなど大阪の都市魅力に磨きをかける取組みに力を注ぐとともに、うめきた2期や鉄道ネットワークなど、成長を支えるインフラ整備についても着実に進めてほしい。さらに、府市医療戦略会議提言の具体化として、健康寿命を延伸させることで医療費の削減につなげていきたい。少子化社会に対応した子育て環境の充実や女性の活躍支援、防災・減災対策など、行政の使命であり、成長の基盤でもある「府民の安全・安心」の確保に向けて、全力で取り組んでほしい。また、治安対策についても、府民の信頼を得ながらしっかりと取り組んでほしい。

【政策企画部長】
・今後、6つの重点課題について、各部局と事業化に向けて検討を行い、11月上旬頃にとりまとめる「府政運営の基本方針(案)」において方向性を示していきたい。
・具体的な作業とスケジュールについては、別途、企画室から各部局担当者に連絡させていただく予定。議会中で何かと忙しい中での作業となるが、各部局と十分協議しながら進めたいと思うので、ご協力よろしくお願いする。

【小河副知事】
・重点課題には、知事からも発言があった治安対策も入れるべき。

<改革評価プロジェクトについて>
【政策企画部長】
・4月の部長会議で知事からこれまで行ってきた改革の取組みを点検・評価するよう指示があり、特別顧問・特別参与の助言のもと各部局の協力をいただきながら、とりまとめ作業を行ってきた。報告書については、今月2日の大阪府市統合本部会議に概要説明をしたところ。

【植田副知事】
・報告書は、府庁全体で87の取組みを、行財政改革や政策の刷新、府市連携などを大きな柱として整理した。とりまとめに際して、タイトなスケジュールの中で部局長はじめ関係課にご協力いただき、感謝。
・部局において、各施策のどこが評価されたのか、府政全体の中でどこに位置付けられているのかを咀嚼して、今後の施策に活用していただきたい。また、知事から、施策を府民により分かりやすい形でPRするよう指示があり、企画室で検討中である。今後も協力お願いしたい。

<「OSAKA☆ジョブフェスタ 女性輝く一週間」について>
【商工労働部長】
・今月2日から8日までエル・おおさかで「OSAKA☆ジョブフェスタ〜女性輝く一週間〜」を開催した。実施や事前周知等について、部局横断の女性の就業機会拡大プロジェクトチームはもちろん、健康医療部にもご協力いただき、感謝。
・ジョブフェスタは、OSAKAしごとフィールドの1周年と併せ、女性はもちろん全ての働く人が「働く」を通じて「キラキラ輝いて欲しい」というメッセージを込めて実施したもの。47の催しで、求職者や企業など延べ1400人、300社の参加を得た盛大なものとなった。オープニングセレモニーで実施した村木厚生労働事務次官の記念講演では、650人の参加があり、多くのメディアに取り上げられ、府の施策をPRすることができた。また、車椅子ダンスは、障がい者と健常者の見事なセッションで会場を盛り上げ、心にひびくトークやダンスで好評を博した。
・催しの核となったOSAKAしごとフィールドには各方面からの視察も入っており、その先進的な取組みが全国から注目されている。今後も知事重点でもある「女性」の活躍推進に加え、障がい者や若者、中高年の方などを対象に様々な取組みを各部局と連携を図り進めていくので、ご協力お願いする。

<新たな行財政計画(新プラン)素案について>
【財務部長】
・今月3日、行財政改革推進プラン(新プラン)素案を公表した。今後、パブリックコメント等を通じて来年2月に確定していく予定。素案作成にあたり、各部局にご協力いただき、感謝。

<人事評価制度の検証について>
【総務部長】
・制度の検証にあたり、職員アンケート調査や各部局の意見集約等にご協力いただき、改めて感謝。

<おおさかカンヴァス推進事業について>
【府民文化部長】
・おおさかカンヴァス推進事業を全国知事会主催の都道府県政策コンテストにノミネートしたところ優勝したので報告する。

【知事】
・今度は、おおさかカンヴァス推進事業は屋外で実施することもあると思うので、元モッピーを連携させるなど、積極的に活用してはどうか。

【府民文化部長】
・元モッピーの名称については、9月17日に公表する予定。今後、各部局でも活用いただくようご協力をお願いする。

【小西副知事】
・広報キャラクターの名称募集の入選商品に関して、中央卸売市場管理センター(株)にご協力いただいており、お礼申し上げる。


 ≪以上≫

このページの作成所属
政策企画部 政策企画総務課 総務・企画グループ

ここまで本文です。