平成25年4月1日開催 部長会議の審議・報告の概要

更新日:平成25年4月1日

○と き 平成25年4月1日(月曜日) 午前11時30分から11時40分
○ところ 特別会議室大
○出席者 知事、副知事、各部長等

【会議資料】

(資料1)副知事分担表 [PDFファイル/52KB]

(資料2)食博覧会概要 [PDFファイル/108KB] ・ 食博覧会チラシ [PDFファイル/1.69MB]

(資料3)重点政策推進方針 [PDFファイル/148KB] ・ 重点政策推進方針 参考 [PDFファイル/279KB]


※ 冒頭に異動者の紹介あり
 (植田副知事・山口大阪府市大都市局長・井上財務部長・大江府民文化部長・酒井福祉部長・福田会計管理者・岩田監査委員事務局長・森口警察本部総務部長)


<就任あいさつ>
【植田副知事】
・出身は大阪で高校生まで暮らしており、昭和58年に現在の総務省へ入省し、直近は公務員課長を務めていた。
・微力ではあるが、大阪の再生、更なる発展のために誠心誠意努力するので、よろしくお願いしたい。

<新年度にあたって>
【知事】
・ほとんどの方はこれまで府庁で一緒に仕事をしてきたメンバーであるが、今回、財務部長に大阪市から、また、その担当副知事に総務省から来て頂いた。大阪府の財布を一度担当して頂いて、これまで大阪府が努力して取り組んできた効率化やコストバランスについて、是非、国も大阪市も考えて頂きたいという思いで財務部を設置した。
・また、大阪府市大都市局を設置したが、これは、これまで府市統合本部で協議してきた課題を事務方で整理し、決定してもらうこと。どういう予算配分にするのか、府市の財政当局でしっかり煮詰めてもらいたい。今年は、副知事・副市長が前段階まで整理し、最後は知事・市長が意思決定をするといった、まさに府市一体となれる組織がスタート。新たな組織をしっかり機能させて、大阪の再生に向けた業務の遂行をお願いしたい。
・組織には縦軸と横軸があり、この部長会議はまさに横軸になる。その横軸を大阪市も含めてしっかりつなげて面を造ってもらいたい。その面に民間が高さを積み上げていくことで、大阪の都市力を三次元で大きくしていきたいと思っている。
・この1年、皆さんに色々無理なことをお願いするかもしれないが、力を結集して頑張っていきたいので、よろしくお願いしたい。

<’13食博覧会・大阪について>
【環境農林水産部長】
・4年に一度全国規模で行っており、今年は、4月26日から11日間、インテックス大阪で開催。前売券も43万枚売れており、前回を凌ぐ勢いで成功させたいと思っている。
・今回は、日本と世界を食でつなごうということで、関空の就航都市の料理やイベントも持ち込んでおり、インバウンド、アウトバウンドも含めた形の催しにしたいと考えている。
・府も出展ブースを設けて、外食産業やJAに協力頂き、民間の力を活用しながら食を通じて大阪をPRしたいと考えている。
・初日のオープニングには、顧問である知事、橋下大阪市長がセレモニーに参加予定。初日は大阪府漁業協同組合連合会によるいかなごのくぎ煮等の販売などもあり、是非、見に来て頂きたい。
・期間中のプログラムにおいて、各部局に協力頂き、多彩な催しで大阪をPRしようと考えているので、引き続き協力をよろしくお願いしたい。
・また、開催はゴールデンウィーク中でもあるので、各部の職員の方々にもプライベートで催し物に参加頂ければと思う。

<部局運営方針・重点政策推進方針について>
【政策企画部長】
・新年度になったので、「部局運営方針・重点政策推進方針」について、各部局に年度当初の
作業をお願いしたい。
・作業としては、24年度の「重点政策推進方針」に関する「部局長の自己評価」と、評価・検証を踏まえた25年度の「部局運営方針・重点政策推進方針」策定の2点。
・24年度の取り組みについて、副知事に評価・検証を行って頂いたので、その内容を確認頂き、「自己評価」とそれを踏まえた25年度の「課題・目標設定」に反映して頂くようお願いする。
・今後の流れとしては、4月の第3週中を目途に企画室あて提出頂き、できるだけ早期のとりまとめ、公表を目指したいと考えているので、協力をお願いしたい。

 ≪以上≫

このページの作成所属
政策企画部 政策企画総務課 

ここまで本文です。