平成23年7月25日開催 部長会議の審議・報告の概要

更新日:平成23年7月25日

○と き 平成23年7月25日(月曜日) 午前10時15分から10時30分
○ところ 特別会議室大
○出席者 知事、副知事、各部長等


<小河副知事の再任あいさつ>
【小河副知事】
・再任用頂き光栄。引き続き、初心を忘れず、『動機善なり也、私心なかりしか』ということを銘に、大好きな大阪の為に頑張るのでよろしく。

【知事】
・引き続きよろしくお願いする。

<府と市について>
【知事】
・最近色んな発信をしているが、今後、秋に向けて、様々な動きになっていく。一方で、行政は継続性・安定性を大事にすることが重要。どういう結果になろうと、大阪府と大阪市の行政を構成するメンバーは変わらない。
・こういうときこそ、行政がしっかりと連携し、府と市でタッグを組んで対応してもらいたい。引き続き各部局も、大阪市内についても意識しながら、しっかり連携していってもらいたい。

<放射性セシウムに汚染された稲わらを与えられた牛について>
【健康医療部長】
・対応については、現在できる最善の策を講じた。千頭を超える汚染の疑いがある牛のうち、大阪に流通した牛が54頭。確認作業を行う中で最終ルートまで判明したものが16頭。
・販売店名を公表しながら回収に取り組んでいるが、現在のところ大きな混乱はない。業界も急な調査の実施について指摘があったが、概ね理解を示している。
・府独自の検査体制はまだ十分でないが、8月初旬には府立公衆衛生研究所にガンマ線核種分析装置を、8月末には府内8カ所にも簡易測定器を設置予定。

【知事】
・暫定基準値について、分かりやすく、かつ誤解が生じないようにうまくメッセージを出す方法はないか。

【健康医療部長】
・国の食品専門の検討委員会で審議が行われており、こちらの結果も踏まえて考えて行きたい。

【知事】
・引き続き、しっかりと対応をお願いする。

≪以上≫

このページの作成所属
政策企画部 政策企画総務課 

ここまで本文です。