解体業の許可(新規・更新)申請について

更新日:平成26年4月1日

 

   解体業は事業所所在地を管轄する都道府県知事(又は保健所設置市長)の許可が必要です。
※大阪府域における保健所設置市は大阪市、堺市、東大阪市、高槻市、豊中市、枚方市です。この6市内に事業所がある場合は、各市長の許可が必要です。 (平成26年4月1日から、枚方市が追加されました。)

 また、許可を受けてから、5年ごと(許可の有効期間満了日まで)許可の更新を受けなければ、その効力が失われます。

 解体業の新規許可申請をお考えの方は、事前に下記担当グループまでご連絡ください

○解体業・破砕業許可の手引き

 解体業の許可申請の際には、「自動車リサイクル法に基づく解体業・破砕業許可の手引き」を参照してください。
 なお、窓口にて、手引きの冊子をお渡しし、簡単な説明をさせていただきます

自動車リサイクル法に基づく解体業・破砕業許可の手引き(大阪府)

    ・表紙・目次 [PDFファイル/55KB]               表紙・目次 [Wordファイル/41KB]

    ・本文(1-23ページ) [PDFファイル/517KB]          本文(1-23ページ) [Wordファイル/1.13MB] 

    ・様式集・記載例(24-69ページ) [PDFファイル/343KB]  様式集・記載例(24-69ページ) [Wordファイル/557KB]

    ・問合せ・申請書の提出先 [PDFファイル/134KB]     問合せ・申請書の提出先 [Wordファイル/946KB]

    ・標準作業書(解体業・破砕業)記載例・解説 [PDFファイル/914KB]

○解体業許可(新規・更新)申請に必要な書類

 解体業許可(許可の更新)申請には、個人・法人それぞれに必要な書類を揃えたうえ、正本1部、副本(コピー)1部が必要です。

 申請者が個人の場合の必要な書類はこちら

 申請者が法人の場合の必要な書類はこちら

○許可申請手数料  (大阪府証紙でお願いします)

○新規許可申請78,000円
○更新許可申請70,000円

※新規許可申請と更新許可申請とでは手数料が異なりますので、ご注意ください。
※大阪府証紙の購入先は「大阪府証紙について」のページを参考にしてください。
  許可申請場所(産業廃棄物指導課)では販売しておりませんのでご注意ください。

○審査

  • 許可申請書等に基づき、許可申請内容が許可基準に適合しているかどうか、及び、欠格要件に該当していないかどうかについて審査を行います。
  • 審査の段階で書類等に不備があれば補正を求めることがあります。
  • 申請内容について、現地確認を実施します。
  • 標準処理期間は2か月となっていますので、通常は申請受付から2か月後に審査結果をお伝えいたします。
  • 審査の結果、許可申請内容が許可基準に適合している場合は、解体業許可証を交付します。
  • 許可証は、申請窓口にてお渡しいたします。
  • 許可証と同時に副本をお返しいたします。事業所にて大切に保管してください。
  • 審査の結果、許可申請内容が許可基準に適合しないと判断される場合は、不許可になります。
  • 不許可の場合、行政から不許可である旨の通知をします。
  • 不許可の場合においても、申請手数料は返還できません。

○問合せ・申請書の提出先  ※郵送による受付は行っておりません。 

大阪府 環境農林水産部 循環型社会推進室
産業廃棄物指導課 処分業指導グループ
〒559−8555
大阪市住之江区南港北1−14−16 大阪府咲洲庁舎21階
代表電話:06−6941−0351 (内線3863・3864)
ダイヤルイン電話(直通):06−6210−9573

アクセス [Excelファイル/287KB]

 

 PDFファイルの読み込みには、 Adobe Reader が必要です。

このページの作成所属
環境農林水産部 循環型社会推進室産業廃棄物指導課 処分業指導グループ

ここまで本文です。