第3回難波葱フェスタの参加者を募集します

更新日:令和元年9月17日

第3回難波葱フェスタの参加者を募集します


 「難波葱(なんばねぎ)」は、大阪市難波周辺で江戸時代から盛んに栽培され、葉が柔らかく、強いぬめりと香り、甘みがあります。
 大阪府では、平成29年4月に「なにわの伝統野菜」(※1)に認証された「難波葱」を新たな特産品となるようPRするため、昨年度に引き続き、「難波葱フェスタ」を開催します。
 つきましては、難波葱フェスタに参画いただける事業者や団体などを次のとおり募集します。今後、参画事業者等と「難波葱フェスタPR推進会議」(※2)を結成し、各種PR等を行います。

1 募集期間
  令和元年9月17日(火曜日)から10月18日(金曜日)


2 募集対象者
  「難波葱フェスタ」開催期間中、難波葱をPRするための各種イベント(難波葱の収穫体験、販売、メニュー提供等)を実施いただける事業者・団体・公的機関等
 昨年の参加団体、イベント内容については、 関連URL、別添資料【参考】第2回難波葱フェスタチラシをご覧ください。


3 参加申込み
  以下のURLから必要事項をご記入いただき、お申し込みください。
    https://www.shinsei.pref.osaka.lg.jp/ers/input?tetudukiId=2019060039
   

4 第3回難波葱フェスタについて
(1)開催期間 令和2年1月16日(木曜日)から26日(日曜日)
(2)内容
    (ア)「難波葱を買う」・・・農産物直売所や百貨店、量販店における難波葱の販売
  (イ)「難波葱を食べる」・・・飲食店での難波葱のメニュー提供
  (ウ)「難波葱の産地を知る」・・・収穫体験など
  (エ)「難波葱を楽しむ」・・・交流会など    


(※1)なにわの伝統野菜:概ね100年前から大阪府内で栽培されてきたなどの基準を満たしたと大阪府が認証した野菜
(※2)難波葱フェスタPR推進会議:難波葱のPRを推進するために、生産者、消費者、飲食店、関係団体、行政等により組織する団体


【問合せ先】
環境農林水産部流通対策室 
 電話番号:06−6210−9605 ファクシミリ:06−6210−9604
南河内農と緑の総合事務所 農の普及課 
 電話番号:0721−25−1131 ファクシミリ:0721−25−0425

このページの作成所属
環境農林水産部 流通対策室 ブランド戦略推進グループ

ここまで本文です。