大阪産(もん)とは

更新日:平成29年11月30日

 大阪には、 農空間、森林、大阪湾などの恵まれた自然があります。そこから、さまざまな野菜や果物などの農産物、肉や卵などの畜産物、木材や炭などの林産物、大阪湾で水揚げされた水産物など、豊かで多様な食材等が提供されています。
 大阪府では、こうした大阪の農林水産物とその加工品を「大阪産(もん)」として一体的にPRしています。

oosakamon

大阪産(もん)のロゴマーク

rogo 

 ロゴマークは、大阪産(もん)の言い換えである「品」をモチーフに、農産物や林産物などの「陸関連産物」を イメージする萌葱色、魚介類などの「海関連産物(川・池を含む)」をイメージする孔雀青、「つくり手」の温かみや情熱など「大阪産(もん)」を支える人々をイメージする金茶色を3つの「円」で表し、様々な主体の活動や連携の「輪・環」を築き・広げることを表しています。

このページの作成所属
環境農林水産部 流通対策室 大阪産ブランド推進グループ

ここまで本文です。