6次産業化を支援します

更新日:平成31年4月9日

 大阪府では、府内の農林漁業者等による6次産業化の取組を支援するため、以下の事業に取り組んでいます。

6次産業化とは?

  6次産業化とは、農林漁業者(1次産業)や加工業者等が、農林水産物の加工等により付加価値を高め、(2次産業)、流通・販売(3次産業)までを一体的に行う取組のことです。
 農林水産物に新たな付加価値を生んだり、販売期間を長くすることで販売機会が増加し、農林漁業者等の収益向上が期待できます。

6jika
                                                   観光農園、農家レストラン等の取組も含みます。 

「大阪産(もん)6次産業化サポートセンター」

 府内農林漁業者等による6次産業化の取組をサポートするため「大阪産(もん)6次産業化サポートセンター」を設置しています。
 サポートセンターでは、6次産業化について豊かな知識と経験を持つ企画推進員が窓口となり、相談内容に応じて様々な分野の専門家(6次産業化プランナー)を無料で派遣したり、個別相談等を行っています。
 また、食品等に関する専門的な技術や知識を持つ地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所とも連携した支援も可能ですので、お気軽にご相談ください。

人材育成研修会や交流会の開催

miyahara sakamotoPL jam

 6次産業化に取り組む農林漁業者等の育成を目的として、農林水産物を使った新商品開発や販路開拓等、6次産業化に取り組む上で必要となる知識の習得や知見を深めるための人材育成研修会を開催しています。
 また、府内農林漁業者等が、多様な他産業事業者等とネットワークを構築し、新たな6次産業化の取組につなげるための交流会も開催しています。

samixtuto suisann

大阪府6次産業化ネットワーク活動推進事業補助金

 府内農林漁業者等と地域の様々な事業者等が連携して行う、新商品開発や販路開拓、及び6次産業化の取組に必要な機械や施設の整備を補助金により支援します。
 補助金の内容や事業実施までのスケジュールのほか、補助金の活用事例についても紹介します。

みかん お吸い物 ワイン 肉

6次産業化の取組により誕生した加工食品

 府内農林漁業者や、府内農林漁業者と連携する食品関連事業者等が、6次産業化の取組により、大阪産(もん)を使った様々なジャンルの加工食品を開発・販売しています。
 大阪府では、大阪産(もん)を使った新商品開発や販路開拓など6次産業化の取組をPRし、府内の6次産業化を推進するため、平成31年2月に「大阪のうまいもん!カタログ」としてまとめています。

 topページ

関係支援機関等

 以下の関係機関等との連携により、6次産業化を推進しています。

  ・農林水産省 http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sanki/6jika.html
  ・6次産業化中央サポートセンター https://rokusapo.com/
  ・(地独)大阪府立環境農林水産総合研究所 http://www.kannousuiken-osaka.or.jp/
  ・(独法)中小企業基盤整備機構近畿本部 http://www.smrj.go.jp/regional_hq/kinki/index.html
  ・大阪商品計画 http://www.osaka-products.jp/ 

このページの作成所属
環境農林水産部 流通対策室 産業連携グループ

ここまで本文です。