大阪産(もん)名品【御菓子司 高岡福信】

更新日:令和2年8月31日

認証商品一覧

酒饅頭の写真 酒饅頭

 江戸時代から続き浪花最古の酒饅頭。かめばもちもちっとした食感でほんのりとした糀の甘ずっぱい香り備中大納言小豆の自家製餡を包んだ上品な味わいです。その日の天候や湿度により生地の顔が変化するまさに「生きた饅頭」です。さめたら蒸したり、焼いたり、天ぷら等にしてどうぞ。
カステーラの写真 カステーラ「君が代」

 一棹ずつ生地を型に入れ和紙で包み1時間じっくりと釜で焼き上げました。表面の焦げ目の中に材料の味が凝縮され噛む程に卵をふんだんに使ったリッチな味わいが広がります。寛政元年頃の江戸ではもっと堅くもっと湿り気の無いものを献上する様心がけたそうです。
本わらび餅の写真 本わらび餅

 色の黒いのは希少な本わらび粉を使っているから。自然に自生するわらびの根、茎から採れる澱粉は宝物。本わらびの独特のコクと風味、絹のような口当たりは絶品。まろやかなきな粉と和三盆糖をお好みでかけてどうぞ。
鶏卵素麺の写真 鶏卵素麺

 江戸時代から調製している南蛮渡来の伝統菓子の一品。卵黄と砂糖のみ使った栄養豊かなお茶菓子です。素朴ながら鮮やかでかむと卵のコクと深み、百年以上使っている秘伝の蜜の甘味が口の中いっぱい開花します。紅茶や洋酒にもぴったり。新春のおもてなしにも最適の品です。

事業者情報

項目内容
事業者名御菓子司 高岡福信
所在地541-0045
大阪市中央区道修町4−5−23
電話番号06-6231-4753
営業日

月曜から金曜 9時30分から19時30分
土曜(不定休) 10時から18時30分
(日祝祭日 定休) 

紹介文大阪城内の寄人として豊臣秀吉公の御膳預りを勤めその経験を元に、寛永元年(1624年)土佐堀船町(現江戸堀)の北船場の地で菓子業を開始し、五代目文左衛門に至り京都禁裏の御用を承るに及び市内最古の老舗として390年余り手造りの味を守り続けております。 

このページの作成所属
環境農林水産部 流通対策室 産業連携グループ

ここまで本文です。