大阪産(もん)名品ロゴマークについて

更新日:平成30年5月15日

 大阪産(もん)名品ロゴマークについて

 大阪産(もん)名品は、大阪府内産原材料の使用を前提としていない点で大阪産(もん)とは異なりますが、大阪の食のブランドとして、大阪産(もん)との一体感を出すため同じロゴを使用しています。

 ただし、原材料が大阪府産である商品との区別と消費者の誤認を防ぐため、深緋色(こきひいろ)を設定しています

 また、「大阪で愛される商品」であることのブランドイメージの確立を図るため、愛され続けるもん「名品」』というキャッチフレーズをロゴマークに取り入れています

画像です。大阪産(もん)名品ロゴマーク


大阪産(もん)名品ロゴマーク

使用規定色について

食にこだわる大阪人の熱い想いと、大阪の食の伝統や多様性を、鮮やかな中にも落ち着きのある深緋色(こきひいろ)に代表させています。

このページの作成所属
環境農林水産部 流通対策室 産業連携グループ

ここまで本文です。