食品関連事業者の食育

サブメニューを飛ばして本文へ

ここから本文です。

更新日:平成23年4月22日

食品関連事業者による食育の推進

   近年、「食」への関心が高まるとともに、「食育」の重要性が指摘されています。
   食品関連事業者にとっても、食品産業への理解を深めていただく「食育」を推進することは、大切なことです。
   しかしながら、多くの食品関連事業者が、「食育にどう取り組んでいいかわからない」(平成18年度大阪府農業会議調査)など、そのノウハウが浸透していないのが現状です。
   ここでは、工場見学など、食品関連事業者による食育活動のモデル事例などをご紹介します。

食品関連事業者食育実践モデル事業(平成20年度)について

   「食品関連事業者食育実践モデル事業」は、府内食品工場の御協力により、府民の皆さんに工場見学等の経験を通じ、「食の生産現場」への理解を深めていただくとともに、食育事業の実施事例を紹介することにより、食品関連事業者の食育事業を推進することを目的として実施したものです。

モデル事業の実施内容

協力工場工場見学等の実施内容受入れ工場の声参加者の声
イートアンド株式会社
枚方工場
   平成20年8月18日(月曜)
    ・餃子製造工場の見学
    ・調理実習 他
  担当者の声(留意点、感想)   アンケート結果

幸南食糧株式会社
本社工場

   平成20年8月20日(水曜)
    ・精米工場の見学
    ・水田の観察
    ・お米の食べ比べ
   担当者の声(留意点、感想)

   アンケート結果

カタシモワインフード株式会社

   平成20年8月27日(水曜)
    ・ワイン工場の見学
    ・ぶどう畑の見学
    ・足踏みによるぶどう絞り体験
    ・ぶどう染め体験

   担当者の声(留意点、感想)    アンケート結果

「工場見学」等の食育事業実施の参考資料

   ここでは、各工場の協力により、実際に工場見学を行われたときに作成された具体的な資料や各担当者の方の声を紹介しています。これから、「工場見学」等の食育事業を実施される際の参考となれば幸いです。
   なお、食育基本法においては、食品関連事業者の食育の推進についての定めがあり、食品関連事業者は「食育の重要な担い手」として、位置づけられています。

   【参考】食育基本法
   (食品関連事業者等の責務)
第十二条 食品の製造、加工、流通、販売又は食事の提供を行う事業者及びその組織する団体(以下「食品関連事業者等」という。)は、基本理念にのっとり、その事業活動に関し、自主的かつ積極的に食育の推進に自ら努めるとともに、国又は地方公共団体が実施する食育の推進に関する施策その他の食育の推進に関する活動に協力するよう努めるものとする。

<イートアンド株式会社 枚方工場>
工場見学担当者の声

   大きな機械で作る餃子の具の工程に皆さんが感動されておられた事がとても印象深いです。
   今回、初めてお子様の案内・説明をさせて戴く上で、わかり易く・怪我のないように結構神経を使いました。

実施に当たって作成した資料
<幸南食糧株式会社 本社工場>
工場見学担当者の声

    普段は一般の企業様の工場見学、ご案内が多い中、皆さん本当に興味を持って真剣に話を聞いて頂き様々なご質問も頂戴し、我々も大変勉強になりました。少しでも、お米のこと、食育のことをご理解していただいたと思っております。

<カタシモワインフード株式会社>
工場見学担当者の声

   ぶどう搾りやぶどう染め、ぶどう畑の見学など、普段できない体験に、お子様だけでなく、親御様も楽しんでいただき、こちらも嬉しい気持ちになりました。

△上へ戻る

平成19年度 食育見学・体験ツアーについて

 平成19年度に開催した「食育見学・体験ツアー」をご紹介します。

 (A)牛乳・乳製品コース
   ・府民牧場(能勢町)「乳搾り体験」等
   ・明治乳業ヨーグルト館(貝塚市)「工場見学・製造体験」
   ・食育に関する講座

 (B)水なす・乳製品コース
   ・J A大阪泉州(泉佐野市)「水なす畑・選果場・直売所見学」
   ・堺共同漬物(堺市)「工場見学・製造体験」
   ・ハーベストの丘(堺市)「製造体験」
   ・食育に関する講座

 (C)昆布・ぶどう製品コース
   ・小倉屋山本(八尾市)「工場見学・製造体験」
   ・サバーファーム(富田林市)「ぶどう狩り」「製造体験」
   ・食育に関する講座

   食育見学・体験ツアー報告書 [PDFファイル/1.88MB]

△上へ戻る

このページの作成所属
環境農林水産部 流通対策室 

ここまで本文です。