大阪府 雇用基金事業による雇用創出

更新日:平成29年3月31日

雇用創出基金事業

○大阪府では、国の交付金を財源として、「緊急雇用創出事業臨時特例基金」を積み立て、府と市町村が一体となって失業者の雇用機会
  の創出や、 職場定着支援などの事業取り組みました。

基金事業等に係る運営及び管理に関する基本的事項の公表について

基金事業に係る運営及び管理状況 [Wordファイル/35KB] ・基金事業に係る運営及び管理状況 [PDFファイル/347KB]

これまでの取り組み

 ・ふるさと雇用再生特別基金事業 平成21年度から23年度まで
 離職、失業を余儀なくされた方を対象に、地域の創意工夫で継続的に働く場を創出しました。

・緊急雇用創出基金事業【従来型】 平成21年度から平成23年度まで
 離職、失業を余儀なくされた方を対象に、一時的な雇用・就業機会を創出しました。

・大阪府緊急就労・生活相談センター(愛称:サポートネットOSAKA) 平成21年度から平成23年度まで
 求職者の生活の安定と再就職の促進を図るため、緊急雇用創出事業を活用して、府が行なう就労・生活相談支援事業と、公共職業安定所の行う職業相談・職業紹介等を一体的に実施しました。

・緊急雇用創出基金事業【重点分野雇用創造事業】 平成22年度から平成25年度まで
 介護、医療等今後の成長が見込まれる分野で雇用創出や人材育成を実施しました。(重点分野雇用創出事業・地域人材育成事業)
 東日本大震災の影響等で失業された方々の雇用機会を創出しました。(震災等緊急雇用対応事業)

・起業支援型地域雇用創造事業平成25年度から平成26年度まで
 地域の産業・雇用振興策に沿って、起業後10年以内の民間企業等を委託先として地域に根ざした雇用創出に資する事業を実施し、雇用の場を確保しました。
  
・地域人づくり事業 平成26年度から平成27年度まで
 地域の多様な雇用ニーズに応じて、若者や女性、高齢者等の潜在力を引き出す人材育成を行い、安定雇用につながる取組みとともに、職場定着支援や正社員化の推進など、働く人々の処遇改善に向けた取組みを実施しました。
 

緊急雇用創出基金事業事例集

○緊急雇用創出基金事業を活用し、これまで取り組んできた事業の中から、活用事例をご紹介します。

〔掲載事業〕
  ・事業一覧 [Excelファイル/29KB]      ・事業一覧 [PDFファイル/188KB]

1 中小企業や各種団体において参考となる事業
 (1)『採用・雇用』、『人材育成』、『職場定着』、『評価・処遇』、『業務・組織・人事管理』など、中小企業における組織の管理・運営の参考と
      なる事業
      ・事業事例 [PowerPointファイル/1.51MB]   ・事業事例 [PDFファイル/259KB]

 (2)地域に根ざした雇用創出に役立つ事業として新たに取り組み、基金終了後も事業化、自立化が見込まれるなど、
     中小企業の起業もしくはビジネス拡大をする上で、参考となる事業
      ・事業事例 [PowerPointファイル/1.97MB]   ・事業事例 [PDFファイル/1.01MB]

 (3)『就職支援』、『定着支援』、『産業人材の育成』に関する取り組みなどで、企業やNPOなどの各種団体・機関における人材ビジネスの
      参考となる事業
      ・事業事例 [PowerPointファイル/6.98MB]   ・事業事例 [PDFファイル/918KB]

2 都道府県や市町村において参考となる事業
 (1)『若者・女性・就職困難者等への就職支援』、『早期離職を防止するための定着支援』、『産業人材の育成』など、都道府県や市町村の
      参考となる事業
     ・事業事例 [PowerPointファイル/3.05MB]   ・事業事例 [PDFファイル/1.3MB]

 (2)都道府県や市町村が民間と連携して事業に取り組む上で参考となる事業
     ・事業事例 [PowerPointファイル/4.32MB]   ・事業事例 [PDFファイル/1.9MB]

3 『緑化推進』、『地域振興』など、雇用創出効果以外の事業実施効果に特徴のある事業
    ・事業事例 [PowerPointファイル/1.21MB]    ・事業事例 [PDFファイル/205KB]

リンク

 ○厚生労働省ホームページ(雇用創出の基金による事業ページ)(外部サイトを別ウインドウで開きます)

このページの作成所属
商工労働部 雇用推進室労政課 企画グループ

ここまで本文です。