大阪労働局との労使団体に対する「長時間労働削減を始めとする働き方の見直しに向けた取組」の要請について

更新日:令和2年3月27日

 令和元年10月21日、大阪府は大阪労働局とともに、府内の主要な使用者団体及び労働団体に対して、長時間労働の削減等の過重労働解消に向けた積極的な周知・啓発等が実施されるよう、「長時間労働削減を始めとする働き方の見直しに向けた取組」に関する要請を行いました。
 
府は、平成30年3月27日に大阪労働局と「いわゆるブラック企業の撲滅に向けた共同宣言」を行い、互いに連携して働く人々の労働環境の改善に取り組んでいますが、今回の要請もこの一環として実施したものです。
 
     
1 要請先
     日本労働組合総連合会 大阪府連合会
     公益社団法人関西経済連合会
     大阪商工会議所
     堺商工会議所
     大阪府商工会連合会
     大阪府中小企業団体中央会
2 主な要請内容
  11月の「ノー残業デー、ワーク・ライフ・バランス推進月間」「過労死等防止啓発月間」にあわせた、ノー残業デーの設定、勤務間インターバル制度や年次有給休暇制度の導入等の取組みに関する傘下団体・企業等への周知啓発

  大阪労働局基準部長らが要請書を渡す様子
大阪労働局労働基準部長、雇用環境・均等部長と大阪府商工労働部雇用推進室長が共同で、協力要請を行いました。

このページの作成所属
商工労働部 雇用推進室労政課 労政・労働福祉グループ

ここまで本文です。