「ヘルスケアビジネス エキスポ in おおさか」 開催報告

更新日:平成30年4月23日

大阪府内の健康寿命延伸産業創出に向けた取組みを全国に発信するため、大阪府と、従前から「健康科学ビジネス創造フォーラム」を開催してきた健康科学ビジネス推進機構がタッグを組み、「ヘルスケアビジネス エキスポ in おおさか」を共同開催しました。


◆日時:平成29年12月12日(火曜日)から13日(水曜日)までの2日間
◆場所:大阪国際会議場
◆主催:大阪府、健康科学ビジネス推進機構
◆後援:経済産業省、公益社団法人関西経済連合会、一般社団法人関西経済同友会、大阪商工会議所、2025日本万国博覧会誘致委員会


両日、約300名の方にご参加いただき、盛況のうちに終了することができました。
以下のとおり、当日の様子をご報告します!

募集チラシ [PDFファイル/1.77MB]
当日配布リーフレット(表面) [PDFファイル/733KB]
当日配布リーフレット(裏面) [PDFファイル/312KB]

あわせて、以下のサイトにも掲載しております。

参考:大阪健康寿命延伸産業創出プラットフォーム(略称:OKJP)のフェイスブック(外部サイトを別ウインドウで開きます)

    健康科学ビジネス推進機構のホームページ(外部サイトを別ウインドウで開きます)

第1日目:平成29年12月12日(火曜日)

1日目は、ヘルスケア産業振興の旗振り役である経済産業省による基調講演をはじめ、自治体、企業や地域で活動する協議会などの先進的な取組みの紹介や、産学公の多彩なパネラーによるパネルディスカッションを通じ、最新情報をご紹介しました。そして、ヘルスケア産業を如何に創造・推進していくかについて、参加された皆様と一緒に考えました。

開会あいさつ

主催者

主催者(大阪府)   主催者(健康科学ビジネス推進機構)

  大阪府知事 松井 一郎 <ビデオメッセージ>      健康科学ビジネス推進機構 代表理事 阿部 孝次 様

来賓

来賓あいさつ:近畿経済産業局

  近畿経済産業局 地域経済部長 奥山 剛 様

基調講演

経済産業省商務・サービスグループ政策統括調整官 兼 内閣官房健康・医療戦略室次長 江崎 禎英 様にご講演いただきました。

テーマ:次世代ヘルスケア産業の創出 〜健康長寿の実現と生涯現役社会の構築〜

基調講演(経済産業省)   基調講演 全景

経済産業省商務・サービスグループ政策統括調整官 江崎 禎英 様

健康寿命延伸産業分野取組み事例発表

高石市 様 及び 株式会社エクシング 様にご登壇いただきました。

事例発表(高石市)   事例発表(株式会社エクシング)

                 高石市 様                                      株式会社エクシング 様

地域版次世代ヘルスケア産業協議会先進事例発表

一般社団法人健康ビジネス協議会(新潟県) 様 及び 九州ヘルスケア産業協議会 様にご登壇いただきました。

事例発表(一般社団法人健康ビジネス推進機構)   事例発表(九州ヘルスケア産業協議会)

         一般社団法人健康ビジネス協議会(新潟県) 様                     九州ヘルスケア産業協議会 様

国立健康・栄養研究所の取組み紹介

大阪府への全部移転の方針が決定した国立・健康栄養研究所の取組みについて同研究所の所長にご紹介していただきました。

○テーマ:生涯現役社会実現に向けた、健康寿命延伸への取組

事例発表(国立健康・栄養研究所)

国立健康・栄養研究所 所長 阿部 圭一 様

パネルディスカッション

産・官・学、それぞれの立場においてヘルスケア領域でご活躍されている方々をお迎えし、「未来の健康社会」をキーワードに克服すべき課題、今後の取組みの方向性についてお話を展開していただきました。

○テーマ:未来の健康社会 取り組むべき課題

パネルディスカッション

パネルディスカッション   パネルディスカッション

○ファシリテーター:株式会社日経BP 特命編集委員 宮田 満 様
○パネラー:スポーツジャーナリスト 大阪芸術大学教授 増田 明美 様
        弘前大学教授・副理事(研究担当)、弘前大学COI研究推進機構(医学研究科)・機構長補佐(戦略統括) 村下 公一 様
        九州ヘルスケア産業協議会 事務局 業務部長 寺田 孝英 様
        大阪府商工労働部成長産業振興室長 北尾 保己

第2日目:平成29年12月13日(水曜日)

2日目は、構想段階や事業化1年程度のビジネスプランを対象とした「健康産業有望プラン発掘コンテスト」と、エビデンスに基づく先進的な取組みをPRする「第4回健康科学ビジネスベストセレクションズ」の2本立てで、未来志向の健康ビジネスプランや最新の商品・サービスの研究・取組み等をご紹介しました。企業展示、交流会(名刺交換会)も開催しました。

健康産業有望プラン発掘コンテスト 最終審査(公開プレゼン審査)・表彰

「未来志向の健康ビジネス」をテーマに、ビジネスプランの事業化に向けた専門人材による伴走支援先を選定する「健康産業有望プラン発掘コンテスト」最終審査(公開プレゼンテーション)を開催しました。
1次・2次審査を勝ち抜いた精鋭10社のファイナリストが構想段階のプランや事業化1年程度のビジネスプランを発表し、審査委員による審査の結果、大阪府知事賞(最優秀賞)1件、優秀賞2件を表彰しました。
特別協賛の大阪シティ信用金庫からは、事業化支援資金として、大阪府知事賞(最優秀賞)に50万円、優秀賞に20万円×2件のほか、ファイナリストに1万円の商品券×10件が提供されました。最後に、宮田審査委員長(株式会社日経BP 特命編集委員)より講評をいただきました。

健康産業有望プラン発掘コンテスト 全体写真   大阪府知事賞(最優秀賞):アルカディアシステムズ株式会社

      健康産業有望プラン発掘コンテストのファナリストの皆様           大阪府知事賞(最優秀賞):アルカディアシステムズ株式会社 様

優秀賞(海商株式会社)   優秀賞(小山 昭則氏)

               優秀賞:海商株式会社 様                             優秀賞:小山 昭則 様

参考:「健康産業有望プラン発掘コンテスト」の詳細はこちら(別ウインドウで開きます)をご覧ください。

第4回健康科学ビジネスベストセレクションズ 最終選考審査プレゼンテーション・表彰

エビデンスに基づく先進的な取組みをPRする「第4回健康科学ビジネスベストセレクションズ」の最終選考審査プレゼンテーションを開催しました。
書類審査で選出された6社が受賞作品を発表し、選考委員による選考の結果、各部門(製品・サービス部門、研究開発・取組み部門)の大賞 及び 特別賞を発表・表彰しました。最後に、渡辺選考委員長(国立研究開発法人理化学研究所 ライフサイエンス技術基盤研究センター センター長)より講評をいただきました。

製品・サービス部門 受賞者   研究開発・取組み部門 受賞者

            製品・サービス部門 受賞者の皆様                         研究開発・取組み部門 受賞者の皆様

製品・サービス部門 大賞   研究開発・取組み部門 大賞   デロイトトーマツベンチャーサポート賞

(左の写真)製品・サービス部門大賞:株式会社いきいきライフ阪急阪神 様
(真ん中の写真)研究開発・取組み部門大賞:認定特定非営利活動法人 健康ラボステーション 様
(右の写真)デロイトトーマツベンチャーサポート賞:株式会社サンパック 様

参考:「健康科学ビジネスベストセレクションズ」の詳細はこちら(主催者:健康科学ビジネス推進機構のホームページ)(外部サイトを別ウインドウで開きます)をご覧ください。

企業展示・交流会(名刺交換会)

会場後方で、健康産業有望プラン発掘コンテストのファイナリスト、第4回健康科学ビジネスベストセレクションズ受賞者(当日、コンテスト等でプレゼンテーションを行った16社)や過去の受賞者等、健康関連企業・団体のブース展示を行いました。万博誘致ブースも出展しました。
ブースの展示見学・商談・交流は常時可能となっており、人が絶えませんでした。
交流会(名刺交換会)も大盛況でした。

企業展示・交流会   企業展示・交流会

企業展示・交流会(名刺交換会)の様子

2025日本万国博覧会の大阪・関西への誘致についての機運醸成

本イベントは、『2025年国際博覧会』のテーマである『いのち輝く未来社会のデザイン』をコンセプトにしており、来場者には「いのち輝く」ための基本となる「健康」を軸にした関連産業についての関心を深めていただきました。
また、1日目は万博誘致に向けたコンセプト映像の上映、2日目は会場後方で、2025日本万国博覧会誘致委員会のブースを設置し、万博誘致に向けた様々な取り組みを紹介しました。
さらに、両日とも、2025万博誘致のチラシと「誘致応援署名」の用紙をお配りし、多くの御署名をいただきました。
本イベントを通じ、2025日本万国博覧会の大阪・関西への誘致についての機運醸成にもつながったと期待しております。

このページの作成所属
商工労働部 成長産業振興室産業創造課 管理グループ

ここまで本文です。