現在の位置 : ホーム >  産業用地のご案内 > 概要・特徴

概要・特徴

優れたインフラ整備と5つの産業ゾーン

公園、緑地、道路等を含めたりんくうタウンの面積は318.4ヘクタール。
そのうち129.7ヘクタールの産業用地は、土地の利用目的によって、商業業務ゾーン、流通・製造・加工ゾーン、住宅関連ゾーン、空港関連産業ゾーン、工業団地ゾーンの5つのゾーンに分かれています。

優遇制度で企業進出をサポート

補助金制度(先端産業補助金)、不動産取得税の軽減、地元市町の奨励金制度等のインセンティブで新規立地、事業拡張・移転をサポートします。

絶好のロケーションで世界にアクセス

関西国際空港まで車、電車で5分、バスで12分。

2本の鉄道(JR・南海電鉄)

・JR大阪駅から約60分、南海なんば駅から約40分

2本の高速、阪神高速湾岸線、阪和自動車道に直結

・大阪市内へ車で約35分

年間約2000万人が集うまち、りんくうタウン

西日本最大級のショッピングセンター、イオンモールりんくう泉南りんくうプレミアム・アウトレットりんくうプレジャータウンSEACLEには年間約2000万人のお客様が訪れ、関西屈指の観光エリアとなるなど、名実共に賑わいあふれるまちに成長しています。

平成20年4月、りんくうタウン駅南側に航空管制官等を養成する国土交通省航空保安大学校が開校しました。また、平成21年4月には、りんくうタウン駅北側に大阪府立大学りんくうキャンパスが開校しました。ここでは、近畿唯一の獣医学教育機関として日本の獣医学を先導してきた同大学生命環境科学部獣医学科及び大学院生命環境科学研究科・獣医学専攻の約300名の学生が勉学に励んでいます。

ページトップへ