ヘボン式ローマ字

更新日:平成25年2月1日

パスポートに記載するローマ字の氏名表記については、「ヘボン式」による綴りを使用することになっています。

ヘボン式ローマ字の綴り方 [Excelファイル/26KB] 

その他用法で注意すべき点

1 撥音 ヘボン式ではB、M、Pの前にNの代りにMをおく。

  NABA 難波(なんば)    HOMA 本間(ほんま)    SAPEI 三瓶(さんぺい)

2 促音 子音を重ねて示す。

  HATTORI 服部(はっとり)  KIKKAWA 吉川(きっかわ)
  
  但し、チ(CHI)、チャ(CHA)、チュ(CHU)、チョ(CHO)音に限り、その前にTを加える。
  
  HOCHI 発地(ほっち)    HACHO(はっちょう)

「ヘボン式によらないローマ字氏名表記」の取り扱い

別名併記の取り扱い 

  • 一定の条件にかなう方等は、氏名表記(外国名による綴り)を別名で併記することができます。
    → 別名併記の取り扱い

その他、各種申請に必要な書類は、パスポートに関する手続きガイドから確認してください。


<パスポートのお問い合わせ電話案内>
06−6944−6626
をダイヤルしてください。



パスポートに関する手続きガイドに戻る

このページの作成所属
府民文化部 パスポートセンター 調整課

ここまで本文です。