切替新規申請

更新日:平成30年3月29日

トップページ

申請

受取

窓口

お問い合わせ

渡航情報

サイトマップ

申請までの3ステップ

 ステップ1 手続きを確認する

   ↓

 ステップ2 必要書類を確認する

   ↓

 ステップ3 ステップ2に加えて、さらに書類が必要になる場合を確認する

 

*それぞれのステップのボタンを選択すると、該当箇所へジャンプします*

ステップ1 【手続き】を確認する

対象となる方

  • お持ちのパスポートの残存有効期間が1年未満になった方
    ※残存期間が1年以上であっても、滞在期間、査証取得の都合等により新たなパスポートが必要な場合は、パスポートセンターにご相談ください。
    パスポートの旅券面の記載事項(戸籍上の氏名、本籍地の都道府県、性別)に変更があった方は、訂正新規申請と記載事項変更申請の違いについてページで手続き方法をご確認ください。
  • 査証欄が残り少なくなった方
     ・新しく作り直す「切替新規申請」
     ・現在お持ちのパスポートに査証欄だけを増やす「査証欄の増補申請」
    のどちらかを選択することができます。
  • パスポートが損傷した(汚れた、破れた、洗濯してしまった等)方
  • 非IC旅券からIC旅券に切り替えを希望される方

注意事項

  • お持ちのパスポートの残存期間は、新しいパスポートに 繰り越さず失効します。
    新たに10年用、または5年用のパスポートを選択(未成年者は5年用のみ)して申請することとなります。
  • 有効なパスポートが損傷(汚れたり、破れたり、水に濡れたなど)した場合で、損傷の程度が著しい場合は代理人による手続きはできませんので、申請者ご本人がお越しください。
    なお、損傷の程度は、実物を見ないと判断が難しいので、パスポートセンターにお問い合わせください。

ステップ2 【必要書類】を確認する

  • 下の書類等をそろえていただく必要があります。以下の各ページを必ずご確認いただき、お間違えのないようお願いします。
  • 状況によってはさらに書類が必要となる場合があります。「ステップ3」も併せてご確認ください。

詳しくはこちら
申請書ページ

詳しくはこちら
写真ページ
有効中のパスポートを必ずお持ちください

※戸籍謄本又は戸籍抄本は省略できますが、申請書には本籍を番地まで記入する必要がありますので、事前に確認しておいてください。

ステップ3 【さらに書類が必要となる場合】を確認する

  • 申請者が未成年の方の場合や、代理で申請をお考えの場合等は、ステップ2に加えてさらに書類が必要となります。以下の各ページを必ずご確認いただき、お間違えのないようお願いします。

詳しくはこちら
代理提出ページ

詳しくはこちら
未成年者の申請ページ

詳しくはこちら
居所申請ページ
詳しくはこちら
住民票ページ
詳しくはこちら
海外からの一時帰国の方ページ
詳しくはこちら
ヘボン式ローマ字と異なる表記を希望する方ページ

その他

  • パスポートの受取には、必ず申請者ご本人が、申請した窓口へお越しください。
  • 受取は、大阪府パスポートセンター本所・りんくうタウン分室で申請した場合、通常、申請日から6日目以降(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始 (12月29日から1月3日)の日数を除く)となります。
    (例:平成30年4月2日(月曜日)に申請受付しました方の受取予定日は、平成30年4月9日(月曜日)です。)
  • なお、市町村のパスポート窓口で申請した場合、通常、申請日から10日目以降(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始等の日数を除く)となります。
  • 手数料は受取時の際に必要です。(申請の際には不要)

詳しくはこちら
受取手続きのご案内ページ

詳しくはこちら
手数料ページ


お問い合わせの前に
 みなさまからよくいただくご質問を掲載しています。お問い合わせの前にぜひご覧ください。
 ⇒よくあるご質問ページ

電話によるお問い合わせは、こちらへおかけください。

 電話番号は、06-6944-6626です

電話受付時間
 
平日(月曜日から金曜日) 午前9時00分から午後7時00分
 日曜日 午前9時00分から午後5時00分
 ※土曜日、祝日、休日、年末年始(12月29日から1月3日)は休みです。

このページの作成所属
府民文化部 パスポートセンター 調整課

ここまで本文です。