記入例とご注意

更新日:平成25年2月1日

申請書は機械で読み取りますので、折ったり、汚したりしないでください。

  • 申請書は、楷書(所持人自署を除く)で、指定の枠内にていねいに黒インク又は黒ボールペンで、すべてもれなく記入してください。
  • 記入ミスをした場合は、二本線で消してそこに署名または押印のうえ訂正してください。ただし、「所持人自署」の訂正はできません。
  • 消しゴムなどで消せるインクを使用して記入すると、申請書を機械で読み取る時に消えることがありますので、消せるインクは使用しないでください。

一般旅券発給申請書(5年用旅券を希望する場合)

一般旅券発給申請書記入例表面

注意事項

注1 カタカナで記入してください。濁点も同じマスに記入してください。

注2 申請書の漢字氏名欄は戸籍どおりの字体で記入し、本籍も番地まで書く必要があります。正確な本籍(合併による表示変更も)を調べておいてください。

注3 ヘボン式ローマ字活字体大文字で記入してください。

注4 一度でも発行を受けたことのある人は「ある」にレ印を記入してください。

注5 最後に発給を受けた旅券について記入してください。

注6 20歳以上の方は「5」と記入してください。

注7 有効な旅券を紛失(焼失)した方で、3日以内に同届出を行っている場合は、記入してください。

注8 申請者本人が分かる場合は、記入してください。

注9 携帯電話等昼間の連絡先を必ず記入してください。

注10 住民票どおりの住所を記入してください。

注11 海外旅行中に日本国内にいる家族等を記入してください。

注12 必ず「はい」「いいえ」どちらかにレ印を記入してください。「はい」の場合は、以下の内容についても記入してください。

一般旅券発給申請書記入例裏面


 


パスポートに関する手続きガイドに戻る


このページの作成所属
府民文化部 パスポートセンター 調整課

ここまで本文です。