イベントやプロジェクト等の情報

更新日:平成31年1月7日

1

イベントやプロジェクト等の情報

2

 

 ◆イベント・プロジェクト参加者等募集情報

 ◆各種プロジェクトの実施状況等

 ◆(参考)これまでの取り組み

 

イベント・プロジェクト参加者等募集情報

□「金剛山(こごせ)の里 棚田夢灯り&アートフェスティバル2018」のご報告 New

今回から、千早赤阪村の若者や団体が中心となって企画し、生まれ変わった「金剛山(こごせ)の里 棚田夢灯り&アートフェスティバル2018」。
平成30年11月10日(土曜日)に、下赤阪地区の棚田(千早赤阪村)で開催され、大阪府立大学環境部エコロ助や、同大学ボランティアセンター、棚田ふるさとファンクラブなど総勢約150人のボランティアが大活躍。
村内外から集まった多くの参加者が、棚田のステージで演奏される音楽に耳を傾けながら、ろうそくの灯りが幻想的に棚田を浮かび上らせてていく時間をほっこりと楽しみました。
おなじみ大阪市立工芸高校撮影研究部のみなさんによる記念撮影も大好評。(株)マナビーズの協力によるドローン撮影も行われました。

参考URL:https://sites.google.com/view/yumeakari-artfestival

http://www.pref.osaka.lg.jp/minamikawachinm/m_index/h30-yume.html

灯篭の様子 灯篭と音楽ステージの様子 灯篭の様子その2

ドローン空撮による棚田と灯篭 棚田と灯篭とコスモス 棚田と灯篭と音楽ステージ

棚田の夕日 棚田をバックに記念撮影 棚田での記念撮影

ボランティアの大学生 ボランティアスタッフによる灯篭設置  棚田のコスモス

棚田のコスモスと来場者

□満員御礼! JAまつりに出店しました(高安農空間づくり協議会)

平成30年11月23日(金曜日・祝日)、八尾地区JAまつりに高安農空間づくり協議会がブース出店しました。
協議会が栽培・収穫した河内木綿を使って、来年の十二支「イノシシ」をモチーフにしたマグネットや壁掛けづくり体験や河内木綿などの販売を行いました。
今年もたくさんの方が来店くださり、ブースは超満員。皆さん思い思いの作品を作られていました。
綿くり体験コーナーで種をお持ち帰りいただいた方は、ぜひ、来年5月に植えてみてくださいね!

 JAまつりの様子 JAまつりの様子2
 
 JAまつりの様子3 JAまつりの様子4

               ブースの様子

□JAまつりに出店します!(高安農空間づくり協議会)

平成30年11月23日(金曜日・祝日)に八尾小学校で開催される八尾地区JAまつりに高安農空間づくり協議会がブース出店します。
協議会で栽培した河内木綿を使って、置物やリースづくり、綿くり体験などができます。
また、河内木綿やグラスジェムコーンの販売も行います。
皆様のご来店お待ちしております!

お問い合わせは、大阪府中部農と緑の総合事務所耕地課(電話番号072-994-1515 平日9時から17時45分まで)

参考URL: http://www.osaka-ja.co.jp/ja/nakakawachi/aguri/jamatsuri.html
(JA大阪中河内ホームページ)

リース  マグネット
      リースやマグネット製作体験サンプル(予定)

昨年度の様子 昨年度の様子その2
            昨年度のJAまつりの様子

  

□金剛山(こごせ)の里 棚田夢灯り&アートフェスティバル2018のご案内

日本の棚田百選に選ばれている「下赤阪の棚田」では、ろうそくの灯りで幻想的な棚田の世界を浮かび上がらせる「棚田夢灯り」が毎年開催されています。
本年度は、千早赤阪村の若者や団体が中心となって企画を行い、新しく生まれ変わって開催されます。ろうそくによる棚田のライトアップと併せ、村内外のアーティスト達のライブや農産物等の販売もあります。大阪府立大学環境部エコロ助・同大ボランティアセンター、棚田・ふるさとファンクラブなど多くのボランティアも活躍、(株)マナビーズによるドローン撮影・配信も予定しています。皆様お誘いあわせの上ご参加ください。
 
○日時: 平成30年11月10日(土曜日)
       13時30分から19時まで(ライトアップ点灯は16時から)
○場所: 南河内郡千早赤阪村 下赤阪の棚田
○アクセス:
 近鉄南大阪線「富田林」駅下車。金剛バスに乗車し、「消防分署前」下車(所要時間約15分)。
 「消防分署前」より徒歩約10分で到着。
 村民運動場(駐車場)の駐車台数には限りがあります。公共交通機関でのご来場にご協力ください。

ポスター    棚田夢灯り
 
参考URL:https://sites.google.com/view/yumeakari-artfestival


□河南町青崩(あおげ)地区で、大阪芸術大学の学生が現地調査を行いました!(お知らせ)New

地区内を水量豊富な水路が流れ、急峻な斜面に1.38haの棚田を有する河南町青崩地区では、平成25年度に設立された棚田保存会の方々により、子ども達の農業体験や地域住民との棚田保全などの活動が行われてきました。
保存会と芸大生とのコラボレーションにより地域の活性化を目指す「青崩棚田キャンパス活動」の一環で、9月21日(金曜日)に大阪芸術大学の学生4名が現地調査を行いました。
棚田の起伏や周辺環境を実際に確かめながら、地区に人を呼び込み魅力をアピールするための棚田活用について、議論が行われました。
今後はさらなる議論や現地調査を重ね、活動の具体化に向けて動き出します。

参考:南河内の農空間保全活動(棚田保全活動)

大阪芸術大学の学生が現地調査大阪芸術大学の学生が現地調査
    
    自らの足で起伏を確かめながら、
    棚田の活用方法について様々な議論がなされました。

大阪芸術大学の学生が現地調査

高台にある棚田でイメージを膨らませます。

大阪芸術大学の学生が現地調査

高台から見下ろした棚田の風景



各種プロジェクトの実施状況

□アグリキャンパスプロジェクト

  地域の協議会やNPO等のみなさんと大学生が一緒に農空間を盛り上げるプロジェクトが始まりました!

【アグリキャンパスプロジェクト概要】

      ☆留学生が取り組む茨木市北部地域振興プロジェクト→詳しくはこちら [その他のファイル/1.33MB] 

    地区 : 泉原地区 〔茨木市〕

      マッチング : 泉原地区実行組合 × 立命館大学

         取組概要 [Wordファイル/516KB]

   ☆「河内木綿プロジェクト」→詳しくはこちら [Wordファイル/470KB]

    地区 : 高安地区 〔八尾市〕  

     マッチング : 高安農空間づくり協議会 × 大阪経済法科大学

     取組概要 [Wordファイル/135KB]

 
   ☆プラっと参加できる棚田の魅力倍増計画 

       −下赤阪棚田保全プロジェクト− →詳しくはこちら [その他のファイル/1MB]

    地区 : 下赤阪地区〔千早赤阪村〕

     マッチング : 下赤阪棚田の会 × 大阪府立大学 環境部 エコロ助

     取組概要 [Wordファイル/999KB]
 

   ☆「泉州の食と農。のんびり楽しむ田舎体験。☆rural sensyu traditional life☆」 

    −奥貝塚農空間活性化プロジェクト−   

    地区 : 奥貝塚地区〔貝塚市〕   

     マッチング : 奥貝塚地区 × 大阪観光大学

     取組概要 [Wordファイル/789KB]


【アグリキャンパスプロジェクトの取組状況】


 ○泉原地区実行組合×立命館大学の取組状況のご報告

   留学生と日本人学生が高齢化で悩む茨木市泉原の農業の新たな一手を提案! New

   立命館大学大阪いばらきキャンパスの留学生等7名が、12月9日(日曜日)、茨木市泉原地区の里山センターで行われた

   「いばらき農業はじめ隊」の閉講式で地元農業の振興に向けた研究成果の発表を行いました。学生の皆さんも、

   「いばらき農業はじめ隊」に参加し、農家や市職員へのインタビューによって課題の整理を行い、学内アンケートの結果を踏まえて、

   泉原地区の高齢化・担い手不足の解決策を検討してきました。当日、学生からは、立命館大学が学生ボランティアを募り、

   学生と農家をつなぐハブ的な役割を担えないか、大学の講義で地元茨木市北部地域の農業について取り上げ、

   地域の活性化に役割を果たしていくことができないかなどの提案が行われました。

    泉原地区の提案   泉原地区の提案2
     いばらき農業はじめ隊閉講式で参加者に受講証明書が授与されました         

  泉原地区の提案3   泉原地区の提案4
   茨木市産業環境部次長からの挨拶  泉原地区実行組合体験農園部会長の講評

  泉原地区の提案5   泉原地区の提案6
  立命館大学政策科学部の学生による     発表後に参加学生から感想
  研究発表。発表はすべて英語。
  随時日本語通訳がされました。

  泉原地区の提案7   泉原地区の提案8
   泉原地区実行組合長から感想  立命館大学政策科学部桜井准教授から御礼と感想

  泉原地区の提案9 
  最後に全員で記念撮影♪
  学生たちも実行組合長へのヒアリングを含めて、「いばらき農業はじめ隊」に4回参加し、
  参加者と交流されていました。この取組により、「いばらき農業はじめ隊」の皆さんと
  泉原地区実行組合の皆さん、そして立命館大学政策科学部の学生の横の繋がりがうまれました。

  

   茨木市泉原で留学生と日本人学生が協働でフィールド調査を行いました!

   立命館大阪茨木キャンパス(OIC)の留学生等8名が、9月17日(月曜日)、茨木市泉原地区の調査を行いました。

    「茨木市北部地域振興プロジェクト」と名づけられたこの取組は、立命館OICの留学生等が農業や地域における課題を

    地域との交流の中で洗い出し、地域の活性化を図るものです。

    12月には地元の皆さんの前で、「農業の担い手減少」や「地域の高齢化」に関する課題解決に向けた提案を行う予定です。

    この取組を通じて茨木北部地域の魅力の発信に繋がっていくものと期待しています。

写真@

写真A

茨木市泉原の農地

泉原地区下南(かなん)集会所

写真B

写真C

前日には茨木市主催の農業体験事業(農業はじめ隊)にも参加し、生まれて初めての稲刈り体験をした学生も

稲刈り後です

写真D

写真E

2班に分かれて聞き取り調査

メモは母国語でした

写真F

写真G

地元食材をふんだんに使った見山の郷のお弁当をいただきました

参加者で記念撮影

 ○奥貝塚地区×大阪観光大学の取組状況のご報告

    平成30年6月8日(金曜日)
にアグリキャンパスプロジェクトの取組として大阪観光大学が奥貝塚の魅力について現地調査を実施しました。
 

    あいにくの雨でしたが、観光客誘致に役立つ地図やカレンダー等の作成を産学連携で取組んでいる真正印刷株式会社(堺市)や

    大阪府、貝塚市と共に「ほの字の里」や「農業庭園たわわ」、「水間観音駅」などを調査しました。

    当日は温泉や農業体験など魅力あふれる奥貝塚への来客数を増やすにはどうしたらよいか様々な意見が出ました。

    今後、毎週金曜日のゼミの中でこれらの資料をまとめ、地域活性化に結び付ける方策を考えていきます。

oosakakankouunivtawawa
大阪観光大学たわわ調査
3tawawa4tawawa
たわわ調査たわわ調査
okukaizukahonoji
奥貝塚地区サインほの字の里調査
honoji2mokou
ほの字の里調査木工体験
mokou2mizumast
木工体験水間観音駅調査

(参考)これまでの取り組み

□プラットフォームで発信した情報

平成30年度

   ジャガイモ掘り体験をしませんか!(高安農空間づくり協議会) [Wordファイル/137KB]

    農空間マッチングセッションを開催します! [Wordファイル/15KB]

   「となりの農家さん」に参加しませんか! [Wordファイル/15KB]

    河内木綿の収穫を行います!(高安農空間づくり協議会) [Wordファイル/55KB]

平成29年度

   長瀬川秋の水辺まつり学生ボランティアスタッフ募集(八尾市) [Wordファイル/19KB]
   
   
立命館「Asia Week」 [Wordファイル/16KB]

        ◆長池オアシスため池ふれあい祭り [Wordファイル/15KB]

       ◆金剛山(こごせ)の里 棚田夢灯り&収穫祭2017 [Wordファイル/59KB]

    オアシス・クリーンアップ・キャンペーンin室池 [Wordファイル/65KB]

    ◆千早赤阪村でのクラウドファンディング [画像ファイル/70KB]

    ◆長瀬川秋の水辺まつりのご報告(八尾市) [Wordファイル/188KB]
 
    ◆高安農空間づくり協議会がJAまつりに出店 [Wordファイル/103KB]

        ◆河内木綿の収穫に大学生が参加 [Wordファイル/137KB]

    ◆第16回久米田池オアシスクリーンアップ大作戦 [Wordファイル/343KB]

    ◆2018天王プロジェクト [Wordファイル/59KB]

        ◆千早赤阪村 下赤阪棚田「棚田オーナー制度」 [画像ファイル/189KB]

アグリキャンパスプロジェクト

その他

  農空間づくり交流会

   農空間保全団体と学生との交流会を実施しました。

   →詳しくはこちら [Wordファイル/1.37MB]

  リュックサックマーケット

   大阪市千林商店街にて農空間保全団体の活動をさまざまな人に知ってもらう取組を行いました。

   →詳しくはこちら [Wordファイル/411KB]


  学生とのマッチング

   茨木市見山地域の直売所「de愛・ほっこり見山の郷」は、平成27年度から追手門学院大学と連携して新商品開発に取り組んでいます。

       →詳しくはこちら [Wordファイル/2.04MB]

    取組概要 [Wordファイル/443KB


  おおさか農空間づくりプラットフォームキックオフイベント

   おおさか農空間づくりプラットフォームキックオフイベントを3月17日(土曜日)にグランフロント大阪うめきたSHIPホールにて開催しました。
     総勢119名の方にご参加頂き、プラットフォームの役割、可能性、また農空間の夢などを語り合いました。
        このイベントをきっかけに、プラットフォームに参画する人たちがwin×winの関係であることの重要さが共有でき、
    これからの
活動の幅を広げようといった気運が高まりました。
        詳しいイベント内容はこちらをご覧下さい→
イベント概要 [Wordファイル/1.24MB]

このページの作成所属
環境農林水産部 農政室整備課 計画指導グループ

ここまで本文です。