棚田・ふるさと保全基金事業について

更新日:平成24年4月25日

 「棚田」とは山地の傾斜面に作られた田んぼの事で古くからの農耕文化に支えられ、今日まで脈々と維持されてきました。大阪府にも多くの「棚田」があり、その美しい景観は府民の心のふるさととして親しまれる歴史的文化遺産であるとともに、水源涵養、洪水調節、多様な生物の生息場所等、多くの公益的機能を有しております。
 大阪府では、このような「棚田」を保全していくため、平成10年度から「大阪府みどりの基金」の中の棚田保全事業として「棚田・ふるさと保全基金」を設置しました。

棚田写真 棚田写真(水張り)

棚田について 大阪府にはこんなにも美しい棚田があります!!

 山地の斜面に作られた階段状の田んぼが、棚のように見えることから、「棚田」と呼ばれてきました。古くからの農耕文化に支えられ、今日まで維持されてきました。また、冷たくきれいな水を利用した棚田で穫れる米は、とてもおいしいと評判です。
 大阪府内には、約300haの「棚田」があります。その中でも、能勢町の「長谷」、千早赤阪村の「下赤阪」の2地区は、「日本の棚田百選」に認定されています。

日本の棚田百選(外部サイト)

■その他の大阪府の棚田
その他の大阪府の棚田その他の大阪府の棚田その他の大阪府の棚田

棚田の能勢風景
能勢町「長谷地区」
 能勢町西部の長谷地区にある、山あいに美しい曲線美を見せながら広がる棚田。
 点在する藁葺き屋根の民家と周囲の山並みとがつくり出すのどかな田園風景は、四季折々に異なる表情を見せる。特に夏と秋には、それぞれ深緑、黄金色に染まる見事な日本のふるさと風景を楽しめる。

千早赤阪村写真
千早赤阪村「下赤阪地区」
千早赤阪村役場近くの千早赤阪中学校の裏手に広がる下赤阪の棚田。すぐ上の山頂には楠木正成ゆかりの「下赤阪城趾」がある。
 一年中、風光明媚な風景が広がっているが、田植え後の新緑時期や、初秋の黄金色に輝く時期にはさらに美しい姿を見せる。

 

今、棚田が危ない?! 棚田を耕す人がいなくなって、耕作放棄地が増えています。

 耕作放棄地とは、作物を育てず、草刈等の管理も行わなくなった農地のことを言う。
 山地にあり、規模が小さい「棚田」を維持していくには、平地での何倍もの労力が必要です。ところが、棚田を守る農家が年々少なくなるうえに、さらに高齢化が進み、維持管理すら難しくなっている状態である。そのため、「棚田」では田畑が作らなくなる「耕作放棄地」が進行しており、ますます維持管理が難しくなっています。
 このまま耕作放棄地が進むと、棚田が荒廃し、本来、棚田が持つ様々な機能が失われることになります。そこで、大阪府として棚田を保全していくため、様々な対策を行っています。

水の流れ

棚田ふるさとファンクラブにつちて さあ、あなたも今すぐ棚田サポーター!!

 みなさんで一緒に棚田を守りませんか?自然環境が豊かで貴重な棚田を守るため、地元農家と一緒に、農作業を楽しみながら保全活動を行っています。ぜひ一度ご参加いただき、美しい棚田で楽しく作業しませんか?美しい景色の中で作業をしていると、新しい発見や素晴らしい出会いがあると思いますよ。

活動写真
 活動写真 活動写真 活動写真 活動写真

棚田ふるさと保全基金について 大阪府では基金を運用するとともに、皆様から寄附金を集め、それを保全に活用しています。

                    Loving OSAKA納税(ふるさと納税)でご寄附をお願いします。

寄附の方法について 各種金融機関への振込みやクレジットカードなど様々な方法がご利用いただけます。
 ○ご寄附いただける場合は、下記の申込み方法よりお選び下さい
   振込みによるご寄附(郵送orFAXでのお申込み) [Wordファイル/29KB]【ここをクリック】
   必要事項をご記入の上、下記まで郵便、FAX又は電子メールのいずれかの方法によりお申込み下さい。受付後、
   大阪府より振込用紙を送付いたしますので、大阪府の公金収納取扱金融機関等かゆうちょ銀行でご入金願います。

   振込みによるご寄附(電子申請によるお申込み)【ここをクリック】
   電子申請画面にて、必要事項をご入力下さい。受付後、振込用紙等を送付いたしますので、
   大阪府の公金収納取扱金融機関等かゆうちょ銀行でご入金願います。

   クレジットカードによるご寄附(電子申請による申込み)【ここをクリック】
   電子申請画面にて、必要事項をご入力下さい。VISA,Master,JCBにてお支払いできます。
   受付後、電話もしくは電子メールにて金額等の確認をさせていただきますので、ご了承下さい。

   大阪府の公金収納取扱金融機関等の一覧はこちらをご覧下さい。

   詳細はこちら(「ふるさと納税 寄附の申込み方法」のページへ)(別ウインドウで開きます)

税制上の特典について 法人・個人どちらの場合でも、寄附金には税の優遇措置があります。
 ○この基金は、地方公共団体への寄附に該当しますので、次のような税の優遇措置が受けることができます。
 ・個人からのご寄附は、個人住民税及び所得税の寄附金控除が受けられます
 ・相続した財産を申告期限内までにご寄附いただいた場合は、寄附金相当額に対する相続税は非課税となります
 ・法人のご寄附は、寄附金相当額が損金扱いになります

  ・詳細はこちら(「ふるさと納税 制度の概要」のページへ)(別ウインドウで開きます)

感謝状の進呈について
 ○10万円以上、ご寄附された方には、大阪府から感謝状を贈呈いたします。

ご寄附の申込み・お問合せ先はこちら

大阪府 環境農林水産部 農政室 整備課 計画指導グループ「棚田・ふるさと保全基金」担当まで
〒559-8555 大阪市住之江区南港北1-14-16 咲洲庁舎22階
TEL06-6210-9600 FAX06-6210-9599

 
棚田写真
棚田写真

このページの作成所属
環境農林水産部 農政室整備課 計画指導グループ

ここまで本文です。